1. ニュース
  2. メーカー

飛距離200ヤードでも使える! アスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」  

メーカー 吉村真
飛距離200ヤードでも使えるアスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」  

三菱ケミカルのディアマナシリーズといえば、ツアープロを始めハードヒッター御用達のブランドとして、多くのトップアスリートに愛用されてきた。しかし、今回の『ディアマナDF』は一味違う。幅広いゴルファーへ提案する『ディアマナDF』とは?

白系とは一味違うディアマナDF

三菱ケミカルは8月31日、新たなディアマナシリーズに加わる『ディアマナDF』を発売する。

これまでのディアマナシリーズは、「赤」「青」「白」と③つのシャフト挙動が進化して、アスリートモデルシャフトとして確固たるポジションを築いてきた。しかし、2018年の『ディアマナDF』は例年であれば「白」の発売年になると予想されたが、これまでの「ディアマナ」シリーズとは一線を画している。

そのキーワードは3つで、「安定感というやさしさ」「暴れないから振り抜ける」「操作性」というものだ。

ミート率向上で一発の飛びより、トータル飛距離

飛距離200ヤードでも使えるアスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」

特に「安定感というやさしさ」では、インパクト付近でのヘッドの挙動が安定し、打点がバラつきがちなアマチュアゴルファーをサポートするという。「飛んで曲がらない」を上級者やハードヒッターだけではなく、幅広いゴルファーにも提供するというのだ。

そのバラつきの軽減には、ボロン、MR70を用いた最新設計で先端部を強化。一般的な中調子系アスリートシャフトと比較して、約20%のバラつきを軽減。インパクト時のヘッド挙動を安定させて、再現性の高いインパクトに導く。そして「トータルドライビング」の向上を実現するシャフトだ。

ドライバー飛距離200ヤードでも「ディアマナユーザー」になれる

飛距離200ヤードでも使えるアスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」

今回の『ディアマナDF』は幅広いユーザーへの提案商品としては、これまでのシリーズとは一味違う。筆者も試打をしてみたが、ディアマナらしくない易しさが最大の特長。また、白系のディアマナに感じられた手元の緩さによるタメなども最適化されており、ヘッドスピードが遅いゴルファーに対する振り遅れも感じられない。といって、アスリートゴルファーが嫌がるしなり戻りの多さによる引っ掛けもない。同社によると、

「これまでの『ディアマナ』とは全然違うという声は多聞きます。非常にやさしいシャフトで、これまでの『ディアマナ』ユーザーから広がりを持てます。一番軽く柔らかいスペックは50g台のR(54g)なので、ドライバーの飛距離が200ヤード前後のアベレージゴルファーでも、使い熟せると思います。もう、『ディアマナ』はアスリートだけのシャフトではないです。是非、アマチュアゴルファーに試して貰いたいですね」

すでにツアー会場ではテストするツアープロも多く、一部ではヘッドスピードの増加も見られているという。飛距離が伸びて、アマチュアも使える『ディアマナDF』。新たなディアマナファンを創りそうだ。

三菱ケミカル・コンポジット製品事業部営業G 03-6784-7606


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

飛距離200ヤードでも使えるアスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Prideの豊富なラインアップでゴルファー別の悩みを解決する

  • 打感打音がちょうど良い『TP-Xnitrogen』ドライバーを試打!飛距離性能もアップ

  • 三浦技研の新理論『9ポジションフィッティング』を解説

  • 6代目『スピーダーエボリューション Ⅵ』安定したインパクトと飛距離を生むシャフト

関連記事

  • 第4世代の集大成『ディアマナZF』さらに高次元の飛んで曲がらないを追求したシャフト

  • ツアーサポートの舞台裏「操作性、当たり負け抑制、 撓り戻りの速度増が鍵」

  • あなたの飛距離が生まれ変わる。 TENSEI CK Pro Orange シリーズ上陸

  • 三菱ケミカル 2019 Webカタログ

  • 米PGAで人気の『TENSEI』がついに日本上陸!永井プロ試打レビュー

  • 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?