1. ニュース
  2. メーカー

久保谷も使った『ADR UT』

メーカー 編集部

 
特長はソール部に配した最大120gのタングステン・スチールソールで、フェースやボディに採用されたステンレスとの比重差で超低重心を実現したということだろう。この低重心機能は、上級者には操作性向上を、初・中級者へはボールの上がりやすさということを提供しているという。
 
ラインアップは、ロフト角で21度、24度、27度の3種類。シャフトはグラファイトデザイン社との共同開発で、撓り戻りの速い設計になっているとか。フレックスは各ロフトともにRとSが用意されている。尚、久保谷が全英オープンで使用したのはロフト角21度のモデル。
 
問い合わせはアキラプロダクツへ、03~5652~4500。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 精悍なカオつき、カスタム専用の『ADRストロングブラック』

  • アキラプロダクツ プロの要望をカタチにした『KS‐601』

  • AKIRA CONCEPT BOOK 2015 – アキラWebカタログ

  • 伊藤忠、EDWINを完全子会社化

  • AKIRA 2013 – アキラWebカタログ