1. 12年に1度の辰年でダンス3

12年に1度の辰年でダンス3

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 78 Views

 
音楽との接点は、70年代のSOUL DANCEのブーム。黒人のストリートダンスからイメージできるポップで活動的なカラーを、今シーズンのアイテムに活用している。
 
特徴的なアイテムは、ヒョウ柄やパイソン(ヘビ)柄の二次加工が施されたパンツやトップス。さらに、プラダやシャネルで多用されているオレンジのタータンチェックなど、競合他社商品との差別化が明確なウエアが多い印象を与えていた。
 
現在、販売構成はメンズ、レディス、グッズで各1/3。ここ数年でレディス比率が2割程度から3割まで増加。女性ゴルファーにもブランド認知度が向上したことを要因としてあげている。
 
また、売上規模では2012年6月末決算で11億円を予想。04年のブランド立ち上げ以後、8年で10億規模をクリアしているが、ニッチブランドの枠を超えた感は否めない。今後、どのようなブランド展開を行っていくのか、注目に値する。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ボールも飛距離モンスター!? JGR初のゴルフボールを投入

    • 賞金女王が絶賛 鈴木愛も認めたピンの飛び系『G700アイアン』

    • テーラーメイド 飛んで曲がらない新製品『M3』『M4』を発表

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

    • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!