1. TOP
  2. 六角形のパターグリップ、ローズマークグリップに打感と操作性の融合を目指した『1.38』登場

六角形のパターグリップ、ローズマークグリップに打感と操作性の融合を目指した『1.38』登場

 2017/09/11 メーカー この記事は約 2 分で読めます。 1,036 Views

ローズマークグリップの日本代理店であるテイクバックはこのほど、『ROSEMARK GRIP 1・38』を発売した。

六角形のパターグリップで、知る人ぞ知るグリップ。人間の手の平の関節にフィットするような形状で、ヘキサゴン理論に基づく六角形デザインが、手、指、手のひら、指関節に完璧にフィット。

グリップに余計な力が加わらないことで「テンションフリーストローク」(緊張しないストローク)を実現。安定したパッティングストロークと高い再現性をもたらすという。

世界No1プレーヤーになったリディア・コが使用したことで注目を浴びたグリップだ。

今回はそのシリーズに『1・38』が追加発売。1・38というのは、グリップの太さをグリップエンドの縦の長さで測ったサイズ。単位はインチで、1・38は縦の長さが約3・5㎝。これまでの『1・25』は約3・2㎝、『1・52』は3・8㎝だから、中間のサイズということになる。また長さも『1・25』そして『1・52』ともに約28㎝だったのに対し、『1・38』は約33㎝と比較的長いグリップという位置づけだ。

これまでの『1・52』は、その太さで直線的なストロークを導き、ストロークの高い再現性をサポートするグリップ。一方の最も細い『1・25』は、その細さから伝わる打感のフィードバックをゴルファーが感じ取れるとグリップとして展開していた。その間となる『1・38』は打感と操作性を融合したモデルとして展開していく。

カラーラインアップはブラック/シルバー、オレンジ/ホワイト、パープル/ホワイトの3色を展開する。価格は1本4800円と高額だが、アイアンなどのグリップを複数本交換するより、パターグリップ1本のグリップ交換が、リスクも少なく、チャレンジしやすい。世界No 1プレーヤーを支えた「ローズマークグリップ」を試す価値はありそうだ。

\ SNSでシェアしよう! /

ニュースの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuru

この人が書いた記事  記事一覧

  • 六角形のパターグリップ、ローズマークグリップに打感と操作性の融合を目指した『1.38』登場

関連記事

  • 300名以上のツアー選手が使用する練習器具

  • スコアを気にせず1打に集中!腕時計型カウンター

  • かわいいテディベアの立体ネームプレートが登場

  • 増税前にウエア新調のラストチャンス!

  • 遊び心を刺激する『くまモンのティー』が登場!

  • やさしさを追求したドゥーカス『DCD703』