1. TOP
  2. 勝つために進化した『RMX』。新しい時代に突入へ

勝つために進化した『RMX』。新しい時代に突入へ

 2017/09/11 メーカー 動画ニュース この記事は約 3 分で読めます。 2,095 Views
ヤマハ発表会

ヤマハは本日、2017年10月6日から発売する『RMX(リミックス)』シリーズ2018年モデルの記者発表会を銀座のヤマハホールで開催した。発表会には、同社契約プロの藤田寛之、谷口徹、今平周吾、大山志保、大江香織、ユン・チェヨンも同席、すでにテストしているニューモデルの手応えなどを語った。

18年『RMX』は、常に進化を目指すゴルファーに向けて、ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンの全てのクラブにおいて、今の自分を超える結果を提供するために進化を遂げたという。

ボール初速を上げる「ヘッドターンエネルギー構造」

『RMXドライバー』は、ストレート弾道で飛ばす『RMX 118』と、つかまえてもっと飛ばす『RMX 218』(11月3日発売)の2モデルをラインアップ。ヘッドターン時に打点がシャフト軸から遠くなるほどエネルギーが大きいことに着目し、フェースセンターをシャフト軸から遠くに配置した(16モデルよりも7㎜トウ側に移動)「ヘッドターンエネルギー構造」を新たに開発。また、ボディを極限までたわませて、初速アップを実現するボディ構造「スーパーデュアル弾力ボディⅡ」などを搭載した。

その結果、同社テストでは前モデルに比べて初速が0.9m/sアップ、飛距離も+5.5ヤードのアップを果たしたとのこと。

ボール初速と同時に、今回の『RMX』ドライバーは『RMX 118』『RMX 218』それぞれのユーザー特性に合わせた「ストレートボール構造」を搭載している。『RMX 118』は慣性モーメントを高め、サイドスピンを減少させることで、「ねじれない強弾道で攻められる」。また、『RMX 218』はフェースが開かないように、大きな重心角によってスクエアなインパクトを実現することで、「つかまった高弾道で攻められる」。ともに直進安定性が25%アップしたという。

『RMX 118』をテストした藤田プロは、「最大で7ヤードのキャリーアップ。今まで『RMX』ドライバーはコントロール重視というイメージでしたが、今回のモデルは(飛距離性能を含めて)新しい方向性を打ち出していますね」とその進化に目を見張った。また、今平プロは「昨年から15ヤードは飛んでいます」、大江プロも「5~10ヤードは伸びています」と高初速と直進安定性の効果が飛距離に結びついているという。

なお、ヘッド価格は『RMX 118』、『RMX 218』ともに4万3000円(税別)。ドライバー用シャフトは『FUBUKI AiⅡ50』(フレックス:S、SR、R、3万2000円)の他、『speeder661 EVOLUTION Ⅳ』(S)、『TOUR AD IZ-6』(S)、『Diamana RF 60』(S)をラインアップし、価格はともに4万2000円。

ドライバーの他、「高効率インパクト形状」「低重心ヘッド構造」により真芯で打つことを可能にした『RMX フェアウェイウッド/ユーティリティ』、トウとヒールのラウンドを強くした新開発「アクティブソール」により抜群の抜けを実現するという『RMX アイアン/ウエッジ』も投入していく。

\ SNSでシェアしよう! /

ニュースの注目記事を受け取ろう

ヤマハ発表会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山太郎

この人が書いた記事  記事一覧

  • 勝つために進化した『RMX』。新しい時代に突入へ

  • ホントに飛ぶの?副社長自ら性能を実証。プロギアが高反発ドライバー第2弾の金eggを発表

  • 「カスタムフィッティングを強化します」ミズノが語る新事業と、カスタム専用クラブ『Mizuno Pro』の魅力とは

  • 「包み込み、跳ね飛ばす」進化したマジェスティロイヤルSP

関連記事

  • 養老魂のもと内外37名が戦うミズノ

  • NANOVアイアンに左用

  • 底辺拡大を担うBSジュニアイベント

  • シルバーブレードに3機種追加

  • 上迫氏、カラー限定のコンペ

  • ナイキ人気グローブ「デュラフィール」がリニューアル!