1. ニュース
  • 「社説 その3」 自粛、というコトなかれ主義

    前回掲載した「社説」について、多くの方から電話、メールを頂戴した。小生の拙文に対して、「まったくだ」「共に頑張りましょう」とのご意見・励ましも多く、なかには「社説」より遥かに長文で、正鵠を射た美文、檄文のメールも多かった。   そのひとつに、こんな文章があった。以下、要約する。   「~スポーツやイベントが総じて自粛ムードに包まれているが、ナイターなど照明を大量消費するものはともかくとして、日中の大会まで取り止めるのは如何なものか。センバツ高校野球も、地元高校が出場したいとの決意表明をしているにも関わらず、自粛が検討されていると聞く。こんなときだからこそ、被災地の学校が出場して活躍すれば、避難民はどれほど励まされるだろう~」(注:本日センバツ開催決定)   かなり端折って要約したが、まったくもって同感だ。主筆を代わってもらいたいぐらいである。

    2011.03.18 編集部編集部
  • 「社説 その2」 プレー自粛の連鎖を絶とう

    地震報道から目が離せない。死者は1万人を超えそうだとの報に接し、災禍にあわなければ、まだまだ続いたであろう一人ひとりの人生に思いを馳せる。   テレビ画面には、間断なくテロップが流れている。株安、円高、ガソリンの枯渇。スーパーの棚からはカップ麺が消え、停電による列車ダイヤの大混乱、そして頻発する余震など・・・。都知事選を巡る候補者の思惑という、軽量なニュースを蹴飛ばして、どれも生活に密着する重大事。そのなかに、ユニクロが被災地へヒートテック30万着を寄贈、ユニクロ柳井社長が個人で10億円の義援金という情報も含まれていた。   金額の多寡でヒトの価値は量れないが、今、被災地に10億円が寄贈されたら、どれだけの被災者が助かるだろう。30万着のヒートテックは、避難民44万人の3分の2へ暖を届ける。義援金といえば、コンビニの箱に小銭を入れるほどでしかない当方は、目もくらむような思いで感服する。

    2011.03.15 編集部編集部
  • 「社説」 国難を超えてゴルフ界の真価を

    頻々と伝えられる惨状に、被災者の心中を思うと胸が痛くなる。早朝からゴルフ業界の方々に電話をかけ、双方の無事を確認すると、心底の安堵で喜び合う。幸い、本日の取材電話では、ゴルフ関連企業で働く人々の人的被害は確認されなかった。しかし、福島県の藤倉ゴム工業では、社員のご家族が行方不明のままなど、依然、安否が懸念される。

    2011.03.14 編集部編集部
  • コース内に「陥没」多発

    東北地方に9コース、茨城県10コース、千葉県16コースを保有するアコーディア・ゴルフは、被災地域のゴルフ場で陥没や亀裂などが確認されたことを明らかにした。

    2011.03.14 編集部編集部
  • 藤倉ゴム、小高工場に避難勧告

    東北地方太平洋沖地震で被災した福島第1原子力発電所から11㎞に位置する藤倉ゴム工業小高工場(シャフト生産)は現在、避難区域に指定され、自衛隊の管理下に置かれている。昨年11月に稼動した最新鋭の工場だが、復旧の見通しは不明。シャフト関連の従業員約60名は全員無事が確認されたが、家族には行方不明者もあり、一刻も早い救出が望まれる。

    2011.03.14 編集部編集部
  • 巨大地震、ゴルフ産業にも暗い影

    3月11日午後に発生した東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9・0)の余波は、ゴルフ市場にも及びそう。ゴルフ場ではコースの陥没やクラブハウスの倒壊、プレー人口の激減も予想され、メーカーやゴルフ専門店にとって厳しい商況が予想される。

    2011.03.14 編集部編集部
  • 『MUSASHI』藤田寛之とスポンサー契約

    アミノ酸サプリメント『MUSASHI(ムサシ)』の総輸入販売元であるインフィニティはこのたび、藤田寛之とのサポート契約を締結。4月開催のマスターズトーナメントほか、世界4大トーナメントすべてに挑戦する今シーズンの年間コンディショニング・サポートを行うというもの。

    2011.03.10 編集部編集部
  • 巷で噂のタイガーマスクがヘッドカバーに

    ホクシン交易はこのほど、巷で噂となっているタイガーマスクのマスクをモチーフにしたヘッドカバーを発売した。新日本プロレスのライセンス商品で、ドライバー用460cm3対応だ。

    2011.03.09 編集部編集部
  • FJ480足の快挙!!PGM社長賞

    PGMは今年2月より、東京本社にて全体朝礼(月初)を行っている。田中耕太郎氏が12月に社長に就任し、今後は全社の士気を高める狙いだが、その象徴ともいえるのが毎月実施する「社長賞」の授与。

    2011.03.08 編集部編集部
  • 気分はお姫様!?『プリンセスパター』登場

    ゲッツインターナショナルはこのたび、「Jeli Jali(ジェリージョリー)」ブランドから『プリンセスパター』(1万9950円)を発売した。同製品は、シャンパンゴールドに輝くヘッドに、ハートとラインストーンを施すことで、パットラインを可愛くサポート。構えやすく、テークバックがしやすくなる効果もあるという。

    2011.03.08 編集部編集部
  • アニカ・ソレンスタムの情熱が注ぎ込まれたワイン限定発売

    1993年のプロ転向後、優勝回数72回、通算8度の賞金女王に輝き、2003年10月には世界殿堂入りを果たしたアニカ・ソレンスタム。世界中のツアーを回り、各国で最高級のワインを味わう機会に恵まれたアニカが、ワインメーカーのカール・ウェンテと出会い、ウェンテヴィンヤードとパートナーシップを組むことにより開発されたワインが、『アニカ・ワイン』だ。

    2011.03.02 編集部編集部
  • 『XV』がロケットスタート

    2月19日に発売されたスリクソン『NEW Z-STAR』ボールシリーズが、早くも話題を振り撒いている。SRIスポーツ広報部によれば、「GfKライフスタイルトラッキング・ジャパン社の調査では、発売日から数日でボール全体のシェアで7.1%を獲得、コントロール系ボールのカテゴリーではトップシェアを奪取しています」とロケットスタートを切ったという。

    2011.03.01 編集部編集部
  • 秋の「ビバハート」は英国トラッド

    グリップインターナショナルは2月15日、都内オフィスで2011年「ビバハート」秋コレクションの展示受注会を開催。加えて「ビバハート」の姉妹ブランドである「ビバガール」、「ビバハートプラス」の展示も行った。今回のテーマは「ネオ・ブリティッシュ」。トレンドのミリタリーを基軸に、フェアアイル柄をあしらったデザインで、英国ゴルフの伝統を表現している。

    2011.02.16 編集部編集部
  • リンクスの強風にも負けない強弾道『Zero Iron』

    石川遼が、昨シーズンより使用して大きな話題となった、ヨネックスの新製品『Zero Iron(ゼロアイアン)』(3万7800円)が、いよいよ4月より発売となる。

    2011.02.16 編集部編集部
  • ニュープロV1、ベールを脱ぐ

    "より遠くへ、より正確に"のキャッチコピーを引っさげて、6代目となる『タイトリストプロV1』(V1・V1x、ともに2月10日発売予定)がいよいよ動き出す。その記者発表会が昨日、都内イベントホールで開催された。発表会には『プロV1』の通算1000勝目(ワールドワイド)を飾り、日本男子プロの中で『プロV1』の勝利数(9勝)が最も多い谷口徹選手なども参加、ニューモデルを積極的にPRした。

    2011.01.28 編集部編集部
  • 飛ぶと評判のリョーマD-1に『Vスペック』追加

    リョーマゴルフから、新商品『リョーマD-1 Vスペック』が1月21日発売になった。 発売前、数件のショップに対してテスト販売を実施した結果、本当に飛ぶと好評価を得ているようで、ショップ独自のテストでは、棒ダマ効果でランが伸び、さらにミスヒットでの飛距離ロスが少ないため、平均10~15ヤードも飛距離アップするという。

    2011.01.21 編集部編集部
1 134 135 136 137 138 155