• 『CG7』シリーズ2機種登場

    SRIスポーツは2月28日、『CG7』シリーズのアイアン2機種を発売する。飛距離と正確性を両立した『CG7』アイアンと上級者の要望に応える『CG7ツアー』アイアンがそれだ。

  • サージの人気ボールがモデルチェンジ

    兵庫県を中心に9店舗展開するゴルフギアサージはこのほど、SRIスポーツとの共同開発で、ネット市場を中心に人気を博している『ニューブリードボール』を2年ぶりにフルモデルチェンジ。発売を開始した。

  • こだわり抜いた力作!『BBD’s』

    ロイヤルコレクションは、伝統のディープバック形状で弾道の安定性を図った『BBD's 304T』フェアウェイウッド(価格:4万4100円~)と、シャローバック形状の大型ヘッドで番手ごとに最適弾道の実現を図った『BBD's 304F』フェアウェイウッド(価格:4万7250円~)を発売した。

  • ヨネックス発表会で石川遼モデル

    ヨネックスは1月19日、都内ホテルで09年モデルの新商品発表会を開催した。3月14日に発売される『ネクステージ』シリーズのドライバー、FW、アイアンなど全14機種となる。

  • “初速最速”でシリーズ最大の飛び!

    つるやは3月初旬、最大のデュアルインパクト効果で飛距離を伸ばすという『アクセルデュアルインパクトZ―HM-ドライバー』(価格:8万4000円)を発売する。  

  • シンプルとスポーティーなCB

    ミズノは1月20日、乗用カート使用時に便利な機能を満載した『カートバッグ305ライト』(店頭予想価格1万9950円)と『カートバッグ307ライト』(同1万7850円)を発売した。持ち運びやすさを追求したという今回の商品は、重くないやすい合成皮革を使用しながらも、細部パーツの軽量化により3・0kg(前機種比10%減)に仕上がっている。

  • 遼ハンチング、レプリカ発売

    ヨネックスは3月1日、同社契約の石川遼プロが着用したハンチングキャップのレプリカモデルを数量限定で発売する。

  • ドラコンプロを招いての大試打会

    ゴルフパートナーはこのほど、福岡、熊本エリアにて『NEXGEN801』の試打会を開催する。   当日は同社がスポンサー契約を結び、最長飛距離404ヤードの記録を持つ、安楽拓也ドラコンプロをゲストに招き、2時と4時にそれぞれデモンストレーションを行うとか。昨年の大阪・泉南に続く試打会で09年の第1、2弾となる。

  • 国内44本限定のシーモアパター

    クリエイトプロダクトはこのほど、シーモアパターの世界限定250本の高級パター『mFGP-2』(6万6150円)を発売した。国内ではわずか44本の販売となる。  

  • DPゴルフスクール福岡に新規開校

    2月1日、モリタゴルフ福岡西店内にダンロップゴルフスクールが新規開校、現在生徒を募集している。

  • 島田名誉会長「お別れの会」

    日本ゴルフツアー機構(JGTO)は、故島田幸作名誉会長の「お別れの会」を東京と大阪で行う。島田名誉会長は昨年11月3日、64歳で逝去。JGTOの設立当初からリーダーシップを発揮して、組織運営にあたってきた。その功績と早す […]

  • 第3回「ものづくり日本大賞」

    経済産業省はこのほど、第3回「ものづくり日本大賞」の応募受付を開始した。日本政府は05年8月、新たな総理大臣表彰制度として「ものづくり日本大賞」を創設。この制度は日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらには発展させていくための表彰制度。

  • 伝統と機能美で選べるロイコレ

    ロイヤルコレクションから、伝統のディープバック形状を採用した『BBD'S 104T』ドライバー(2009年2月発売、8万8200円~)とシャローバックで機能美を追及した『BBD'S 104F』ドライバー(1月発売、8万4000円)がデビューする。

  • ゴルフとヨガとマッサージ!?

    兵庫県に本社を置くゴルフギアサージはこのほど、「スポーツマッサージ」、「ヨガ」をそれぞれゴルフレッスンとセットにしたイベントを西神戸店で開催する。                                                                                                

  • TPミルズが日本市場へ再上陸

    本格派のパターを製造販売する米TPミルズ社は先頃、ゴルフ専門商社のジーンズパシフィックと日本を含むアジア市場におけるライセンス契約を交わした。これによりTPミルズは、6年ぶりの日本上陸を果たす。

  • 三光精衡所、鴨下会長逝去

    三光精衡所の鴨下嘉市会長が1月1日、逝去された。享年89歳だった。通夜は1月7日午後6時より、葬儀は8日午前10時より、昭和セレモニー矢切儀式殿(松戸市栗山19-4、電話047-369-4444)にて執り行われる。喪主は妻、鴨下ツネさん。

  • オリムピック、シャフト市場参入

    釣具大手のオリムピック(本社大阪府、西野正人社長)は3月、ゴルフ用シャフトの製造販売で市場へ参入する。手始めにパター用シャフトを投入して、その後ウエッジ用、ウッド用などにつなげる構え。

1 179 180 181