• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • プロギア新副社長が「限界突破」で自社を鼓舞 

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    「下期の数字を担う核となる商品が『egg』です」――。 緊張の面持ちで語るのは今年7月、プロギアの副社長兼開発責任者へ就任した日比野公良氏。親会社である横浜ゴム入社後は、乗用車向けのタイヤ開発部門でキャリアをスタート。以後、グループ会社の社長も歴任してきた。 同社は8月1日、『egg(エッグ)』のドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンの記者発表会を開催したが、社内はその演出について多くの議論を重ねてきた。結果、発表会場をディスコ(クラブ・ディアナ)、試打会をインドア施設(ドライビングレンジ日比谷)で行った。 新製品の合言葉は、「no limit。限界突破へ」――。 『egg』はこれまで「非常識」「飛び主義」「飛ばし愛」など、国内他社とは一線を画す表現力で存在感を高めてきたが、初代は2007年8月発売のアイアンで、今回12年目に突入した。 「鮮烈」が持ち味の同社とすれば、発想の経年劣化は命取り。2015年には高反発の『金egg』でR&Aの不評を買い、『RS』シリーズの反発違反でリコールにも発展している。その意味で「限界突破」は自社を鼓舞する警句といえる。 で、何を「突破」するのか? 早速、日比野副社長のインタビューをお届けしよう。 Part1(約4分半) Paer2(約4分弱)
    この著者の記事
    川崎の繁華街へ「Golf Bar Holly」開業 かわさきくらぶが描く青写真
    2024年06月17日
    この著者の記事
    『SPEEDSOFT INK』カラフル!ド派手!グリーン映えのビジュアルボール登場
    2024年06月16日
    この著者の記事
    HSが上がる、地面反力が使える『ペインター』シューズ、神谷幸宏が「スイングカタリスト」で徹底検証
    2024年06月14日
    この著者の記事
    VitastileGolfが導入を決めたボールマーキング不要の高精度シミュレーター『EYE XO2』 を徹底検証
    2024年06月13日
    この著者の記事
    動きに合わせて色の変化をするトランスフォームバイザーが登場
    2024年06月13日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    PRGR、役員選任のお知らせ
    2019年07月23日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb