• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ツアーサポートの舞台裏「合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜」

    長瀬 貞之
    1954年生まれ 成城大学1976年卒業  1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任 1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加  1989年 タイトリ...
    SNSでシェアする
    プロも陥るフィッティングの落とし穴。ヘッドが変わればシャフトも変わる! さて今回は下川めぐみプロの登場です。 下川めぐみプロは長年クラブフリーでトーナメントを戦ってきましたが、この度、三嘴コーチとの出会いで一度バラバラになりすぎたクラブセッテイングをもう一度見直すこととし、統一メーカーのクラブヘッドにして、シャフトもグラファイトデザインのご協力で、シャフトの選定作業を行うことになりました。 合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜 ベテランプロでもクラブフリーの選手がよく陥る内容で、我々アマチュアもプロ同様に、自由にクラブを選びすぎることで、陥る内容は程度の違いこそあれ、同じようなことだと思われます。 ヘッドメーカーが変わっても、「私には、このシャフトが合う」―。 という「思い込み」、「決め付け」がまず危険な判断だと思います。クラブメーカーの設計意図によっては、ヘッドの重心距離や重心深度や重心高さ、またフェースプログレッションの違いによって、同じシャフトがすべてにマッチングするというのはあり得ないからです。 今回はピンさんのヘッド提供で一から、どのシャフトが合うのかを一日がかりで探るフィッティングです。 合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜 まずはピンのヘッドで、下川プロがオーダーした従来から使用しているシャフトのテストデータを図り、それから数種のシャフトからベストマッチングのシャフトを探る状況です。 実績のあるベテランプロの選択シャフトですが、テストデータ上は下記の表のように変更がなされました。 UT用シャフト、ウエッジ用はそのまま同じシャフトの選択で、アイアン用が新しい同スペックモデルに変更。 ウッド系は下川プロが選んだMJではなく、テストの結果はaG33シリーズにチェンジとなりました。 使用クラブのメーカーチェンジやヘッドモデルの変更は、シャフトのフィッティングに注意が必要! 我々はプロ以上に時間をかけるべきですね。
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 ツアーで導入された『VIEW1』という機械で何がわかる!?
    2024年04月22日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 朝日でも西日でも計測できる 高性能距離測定器の登場
    2023年12月09日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 パターはオートマと感性を生かせる ワイドブレード型の使用者急増中
    2023年11月25日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 アクシネット社ボール、クラブ、グローブ、シューズと 多岐にサポート
    2023年11月05日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 重量調整がしやすい『トリプルダイヤモンド』で つかまりを調整
    2023年10月06日
    → もっと見る
    タグ
    クラブフィッティング
    ツアーサポート
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb