• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 力強く負荷をかけて大きなスイングで飛ばす『REDMAX』、 速度アップ、厚いインパクトの『ZY-REVIVE』

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    JBEAMといえば、飛ばしにこだわるゴルファーに定評がある。それはドライバーなどのクラブだけはなく、シャフトも同じだ。今回、ジェージーイーが発売するのが、『ZYーSAMURAI REDMAX』と『JBAM ZYーREVIVE』。ともに飛ばしを追求したシャフトなのだ。 『ZY―SAMURAI REDMAX』は、『ZYスピード』というシャフトの改良版で50g台のシャフト。全体的にシャフトが撓り、インパクトでのブレが少ない。安定した球筋、切り返しからのダウンスイングでのブレ幅が少ない。「振っても」「ミート率が上がる」シャフトだ。 一方のJBEAMでは初となる40g台の軽量シャフト『ZYーREVIVE』は、軽量シャフトにありがちなインパクトでの当たり負けを抑制。軽さによってスイングスピードが増加し、インパクトでのヘッドスピードが増すシャフト。高弾性シートを採用しており、少しパリパリ感もあるが、「HSが上がって」「インパクト効率が向上」して飛距離に繋がる。 今回はギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロが試打。ヘッドは『KZ-5ブラックエディション』で試打を行った。

    まずは動画で

    『REDMAX』(S)試打インプレッション

    永井 ワッグルすると50g台の重量にしては、剛性感が強い。印象としてはストレート層がシッカリしており、芯がパッキっと通っている感触。また、シャフトの潰れ剛性も高く、スイング中のシャフトの潰れを抑制できる印象です。ですので、タメを作ってシャフトに負荷をかけていった時に無駄な変形などがないイメージです。 実際に打つとかなりシッカリしています。全体的なシャフト剛性の高さが際立っています。なので、JBEAMのドラコンプロである山崎プロのように、シャフト自体を大きなスイングで振っていく方に最適です。 対して、体を回してコンパクトに振るイメージのスイングだとシャフトの強い剛性感に負けてしまうかもしれません。 今回は少しコンパクトなヘッドでの試打ですが、現代的な大型ヘッドなら、ヘッドがシャフトに働きかける力も発生しますので、良い意味で違った印象を受けると思います。 力強く大きなスイングというのが、一つのポイントだと思います。

    『REDMAX』(R)試打インプレッション

    永井 次にRフレックス。手にした感じは、少し軟らかくなった印象ですが、それでも他社ならSフレックスと言っても良いかもしれません。私には、Rフレックスくらいが丁度良いかもしれません。 実際に打ってみると、スイング時の潰れ剛性に強いという印象はSフレックスと同じですね。ただ、少し軟らかくなり撓りを感じやすくなりました。私的にはタイミングも取りやすくなりましたね。 Sシャフトも同じですが、山崎プロのダイナミックな切り返しでシャフトに負荷をかけるスイングで、叩いていく。そのようなスイングのゴルファーが想定されます。 データでは、ミート率1・47と叩いてもブレないことが分かります。飛距離も267ヤードと出ていて、少し低スピンですが、潰れに強い性能が、インパクトエネルギーをロスすることなく、ボールに伝えていると思います。インパクトロフトをキープして、ヘッドの性能を引き出しているとも思います。

    『ZY―REVIVE』(S)試打インプレッション

    永井 今度は同社初となる40g台の『ZY―REVIVE』(S)です。コスメが特徴的です。軽量シャフトなので、長めに組んだ時の視覚効果も期待しているデザインだと思います。シャフト素材に高弾性繊維を採用していて、軽量ながらハリ、コシを感じます。 実際に打ってみると、ムチ的なしなりがスピードを出してくれます。高弾性シートにより、全体的にシャフトがスイングに付いてきてくれて、特にインパクトを迎える直前の力感が強く、飛距離に繋がるだけではなく、高弾道やつかまり感にも寄与しています。 大型ヘッドを装着しても、ヘッドが当たり負けすることもなく、軽量なので長めに組んで、更にヘッドスピードを上げることができるシャフトです。

    『ZY―REVIVE』(R)試打インプレッション

    永井 手元が緩くなり、体の近くでスイングできました。そして先端の当たり負けの強さが際立ちましたね。撓り戻りのスピードそのままに、インパクトを迎えます。特にJBEAMのゲンコツ型のドライバーヘッドでも、当たり負けしません。当たり負けしないので、更に加速します。 そして最初に話したコスメのグラデーション効果で短く見えるので、長尺でも安心してクラブを振ることができます。そして、それがミート率の向上に貢献しています。 40g台のシャフトのイメージとは少し違って、キーワードは「スピードアップ」、そして「厚いインパクトが得られる」ですね。 お問い合わせ:ジェージーイー  http://www.jbeam.co.jp/ 0120-36-7050
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb