1. 「義援 」一覧

「義援」一覧

  • 大手ゴルフ場が入場者一人100円を義援金に

    国内約130コースを運営するPGMは、本日から5月31日までの2ヶ月間、「1プレーにつき100円」を積み立てて、日本赤十字社等を通じ被災地へ寄贈する活動をはじめた。「PGMワンプレー=ワンラブ」と名づけた義援金活動で、来場者からの募金ではなく、収益の一部を充当するもの。ゴルフ場不況が懸念されるなか、収益の圧迫要因となるが、ゴルフ産業の浮揚策として決定した。

    2011.04.01 編集部編集部
  • 石川遼、義援金「2億円」の効果

    スポーツ3紙(スポーツニッポン、日刊スポーツ、サンケイスポーツ)は本日の1面で、石川遼が今季獲得賞金の全額を義援金として被災地へ寄贈すると報じた。石川は現在、来週開幕のマスターズに備えて渡米中(ジョージア州)だが、現地で報道陣に語ったもの。一部の電子版は昨日、このニュースを報じているが、スポーツ紙が1面に取り上げたことで、支援活動では存在感の薄かった男子プロゴルフが久々に脚光を浴びた。

    2011.03.31 編集部編集部
  • JGTOが六本木で街頭募金活動

    日本ゴルフツアー機構(JGTO)の代表メンバーは4月1日、都内港区で「災害義援金募金活動」を行う。東北地方太平洋沖地震の被災地へ寄贈するもので、参加選手は宮本勝昌(ジャパンゴルフツアー選手会会長)、青木功、中嶋常幸、谷原秀人の4名。

    2011.03.30 編集部編集部
  • PGA、最後の不明者の無事確認

    日本プロゴルフ協会(PGA)は昨日、東北地方太平洋沖地震の被災地区で、安否確認できなかった岩手県盛岡市在住の会員の無事を確認した。PGAは先週まで、会員5名の所在がわからなかったが、23日に4名の無事を確認し、最後のひとりを懸命に探していた。「ようやく全員の安否が確認できた」と胸をなでおろしている。

    2011.03.29 編集部編集部
  • 青木功、支援活動に前向き

    青木功プロなどが09年から開催している「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」(5月7~8日、千葉県、麻倉GC)は、東北地方太平洋沖地震の被災地に義援金などを寄贈するもよう。実行委員には王貞治氏も名を連ねるなど、多くの著名人が参加する。

    2011.03.29 編集部編集部