月刊ゴルフ用品界2017年8月号
106/208

106 シャフトラボは、ATTASシリーズ第9弾モデルの『ATTASCooL(アッタスクール)』の発売を開始した。開発コンセプトは「飛距離は初速で決まる」――。商品特徴は以下の通り。■シャフト全体の″走り”が、かつてない初速とつかまりを生む 最適な手元部剛性としなやかな中間部・先端部の剛性差が、かつてない鋭いしなり戻りを実現。これにより、飛距離アップに直結する「ボール初速」と「つかまり」の最大化に成功。キャリーだけでなく、ランでも飛距離を伸ばす。■走り系シャフトに叩ける要素をプラスα。HTTテクノロジーが常識を変える HTT(Hard Trajectory Tip)テクノロジーにより、走り系シャフトにありがちな当たり負けやインパクト時のエネルギーロスを解消。走って叩いて飛ばせる、従来にない撓り心地をもたらす。■ATTAS史上初の「軽硬」を採用 40g台にSとX、50g台にXを新採用。さまざまなゴルファーニーズに応える。 ラインアップは46g~76gの重量帯で全12タイプを用意。ATTAS史上初の軽硬、9代目は「ATTAS CooL」問い合わせ先:シャフトラボ USTMamiya事業部 TEL 03-6262-8780発売日:発売中価格:各1本4万円

元のページ 

page 106

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です