月刊ゴルフ用品界2017年8月号
204/208

現在の女性ゴルフ人口は、ほぼ横這いとみていますが、女性向けのサービスを強化するゴルフ場や練習場の集客努力、プレー頻度の高い女性ゴルファーの底支えもあり、プレー環境や用品市場は堅調ではないでしょうか。弊社は、自社製品の拡販にとどまらず、ゴルフ市場の活性化にも積極的に取り組んでいます。GMACに参画する他、初心者を対象にした自社独自のプロジェクト『ゴルフ・スタートアップ・プログラム』などです。このプロジェクトの受講生の約4割が実は女性なんですよ(笑)GMACとして最近注目していることは、バブル期にゴルフを始めたけれど現在は中断している40~50歳代の「女性休眠ゴルファーの再開支援」です。1991年の社会生活基本調査によると、20歳代女性のゴルフ参加率は22~24%でしたが、この世代が40代になった2011年の調査では、ゴルフ参加率はたった3%。彼女たちにもう一度ゴルフの魅力を思い出してほしいんです。プレー環境が当時よりも圧倒的に良くなっていることを知ってもらい、ゴルフ再開の後押しをする施策が重要だと考えています。レディス市場活性化に秘策はありません。ニーズに耳を傾け、当たり前のことを“徹底してやること”そして、ゴルフに関わる“ねばならない”をひとつずつ潰してゆくことが重要です。(平野)204業界男子のレディス市場雑感ギアメーカーとして、レディス市場の活性化に関わる活動を牽引しているダンロップスポーツ。今年5月よりゴルフ市場活性化委員会(GMAC)の事務局長を務めている平野敦嗣さんに、ダンロップスポーツマーケティングとGMAC、2つの視点から女性ゴルフ市場について話を聞いた。株式会社ダンロップスポーツマーケティングゴルフ企画第三部(宣伝・販促) 部長平野敦嗣さんVOL.28

元のページ 

page 204

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です