1. カラーボールは今や一時的流行ではない

カラーボールは今や一時的流行ではない

マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 210 Views

米国ブリヂストンゴルフのゴルフボールマーケティング担当ディレクター、コーリー・コンスーグラ氏によれば、日本の市場ではゴルフボール売上の約40%が白以外のカラーボールだとの話で、同氏はこれに対して米国市場の現状は”大体15%~20%の範囲だと話している。

好き嫌いは別にして、カラーボールはゴルフ界に定着しつつあるようだ。
イエローが白に次ぎもっとも流行っているカラーボールで、ほとんどのゴルフボールメーカーは、なんらかのイエローボールを発売している。

ウィルソンも最初にカラーボールを発売した1社だった。ゴルフボール業界リーダーのタイトリストは、2013年に同社のNEXT Tour SイエローとDT Soloイエローを発売、カラーボール品種を拡大した。
米国では特にゴルフボールメーカー三社がカラーボールに積極的で、その三社はブリヂストン、スリクソン、ボルビック(韓国メーカーVolvik)だ。

ブリヂストンは4モデルでオプティックイエローを発売しており、スリクソンも5種類のカラーボールを出している(イエロー4、ピンク1)。そしてボルビックは6モデルに4色(オレンジ、イエロー、グリーン、ピンク)のカラーボールを出している。

カラーボールが空中や芝の上で目立つことから、シニアゴルファーがカラーボールを好む傾向がある。

ツアーの世界では、LPGAのポーラ・クリーマーがブリヂストンのピンクボールを使用しており、チャンピオンズツアー(シニアツアー)では十指に余るプレーヤー達が様々なメーカーのカラーボールを使用している。

韓国メーカー、ボルビック社は、多くの米国ゴルファーをカラーボールに転向させている。同社は米国本社を設立し、LPGAツアーやシニアツアープレーヤーとの契約に注力しており、カラーボールでツアー品質の4ピースモデルも販売しており、カラーボール界に伝説を創りつつある。

ボルビックUSA社のセールス、マーケティングディレクター、ジョン・クラフェイ氏は、現在ゴルフはカラー狂想曲が進行していると言っている。同氏はボルビックの最も売れているカラーについて「最初はオレンジだった。その次にイエローでグリーンも伸びつつある」と話している。

ブリヂストンのコンスーグラ氏(前出)はカラーボールの最終的な効用について述べ「誰でもがカラーボールは見やすいと言う。そこで自分の理論は、もし長く良く見えればボールを見つける能力は向上する。そして多くのボールを失うこともないしスコアも向上する。これが我々の教訓だ」とカラーボールの利点を強調している。(ゴルフウィーク 5/21)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • ブリヂストンが米国でツアー級カラーボールを発売

  • 米国市場でもカラーで勝負、ブリヂストン

  • 新色効果を狙うゼクシオ