1. ゴルフをみんなのスポーツへ

ゴルフをみんなのスポーツへ

 2017/01/27 マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 106 Views
ワールドトピックス

米国大手スポーツ用品チェーンの、ディックズ・スポーティンググッズ・ファウンデーション(以下ディックスポーツ基金)とPGA・オブ・アメリカは、PGAジュニアリーグゴルフに対する奨学金を通して全米の恵まれない若者達の多くにゴルフを導入するためのパートナーシップを発表した。

これによると、これから三年間、ディックスポーツ基金は、PGA・オブ・アメリカに対し、全米のゴルフを学べる組織、ボーイズ&カールズクラブ、ファーストティー、その他の団体を通して、多くの恵まれない子供達に対し、50万ドル(約5,000万円)の奨学金を提供するというもの。

加えて参加者には、PGAプロ達によるレッスンや、チームベースの環境の中で、人生経験も学べるというメリットがついているという。

PGA・オブ・アメリカのCEO、ピート・バベッカ氏は「このディックスポーツ基金のスポーツ関係奨学金(Sports Matter grant)は、PGA・オブ・アメリカのその他の奨学金資金と一緒になり、ゴルフをする余裕のない多くの子供達にゴルフを導入し、若者のゴルフ参加人口の減退を救ってくれる」と話している。

2014年以来、ディックスポーツとディックスポーツ基金は、そのスポーツ振興活動を通して、チームの支援及び全米の若者のスポーツの重要性を喚起するため、5,000万ドル(約50億円)以上を提供してきている。

ディックスポーツのCEOで会長のエド・スタック氏は「当社、ディックズにおいて、我々はスポーツが人々を善良にすると信じており、全ての子供達は、その経済事情にかかわらずスポーツをすべきだと感じている」と話し、「ゴルフは謙虚さ、尊敬、目標意識、忍耐のような価値ある人生のレッスンを与えてくれる。このプログラムに参加した子供達に、積極的な人生経験をさせることが我々の望みだ」とその目的を説明している。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 1/26)

今もゴルフ用品市場の停滞が続く米国市場で、昨年秋には経営破綻した大手ゴルフ用品小売ショップ、ゴルフスミスを買収し、ゴルフビジネスの再興と拡大を目指すディックスポーツ(傘下にゴルフ専門店チェーン、ゴルフギャラクシー店舗も保有)は、青少年スポーツ振興活動の一環として、ゴルフの教育メリットを大義名分に、PGA・オブ・アメリカが行うゴルファー拡大策に積極的に参画し、市場の活性化を目指すものだと思われる。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • ゴルフ用品市場へのアマゾンの影響を調査

    • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

    • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

    • ボールメーカーポララ社が米破産法を申請

    関連記事

    • 米国ゴルフコース建設は依然低調

    • 更に高価格帯クラブを目指すPXG

    • コストコのハウスブランドボール、カークランドが品切れで消費者に謝罪

    • 依然、ゴルフに興味、ディックスポーツ

    • やるところはやる、PGAツアースーパーストア

    • 秋は下取り販売の季節!