1. メジャー優勝用具とブランド売上

メジャー優勝用具とブランド売上

マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 252 Views
ワールドトピックス

今年のマスターズはテーラーメイド契約プレーヤーが大活躍し、メーカーにとっては製品の優秀性を証明して宣伝するには絶好のチャンスとなっただろう。

メジャー優勝者の使用用具ブランドは当然の事ながら注目を浴び、市場の噂にのぼる機会も多いため、一般的にはそのブランドの売上に大いにプラスに影響すると思われがちだが、過去のデータを調べてみるとあながちそうとも言えないような結果が出ている。

2016年、キャロウェイのスタッフプレーヤー、ダニー・ウィレット(マスターズ優勝)とヘンリック・ステンソン(全英オープン優勝)は、それぞれ初のメジャー制覇をしているが、その快挙は同社の年間売上には影響を与えていないようだ。ちなみにキャロウェイの2016年度メタルウッド売上は前年比9.1%ダウンの2,040万ドル。アイアンは前年を2.7%(640万ドル)上回っている。つまり、四大メジャーの内、二勝もしながら。売上にはそれほど劇的な影響はなかったようだ。

2015年、タイトリストはメジャー三大会(ジョーダン・スピース二勝、ザック・ジョンソン一勝)で勝利したが、同年の売上にはさほど影響は現れていない。(ジョンソンは後にPXGに移っている。)

2014年、ナイキゴルフの契約だったローリー・マキロイは全英オープンと全米プロで優勝したが、その後のナイキゴルフ用具ビジネス撤退ストーリーは知られている通りだ。

7年連続マスターズでのナンバーワンドライバーであることを宣伝しているテーラーメイドは、2012年以来、毎年メジャー勝者を出しており、ジャスティン・ローズ(2012全米オープン)、マーチン・カイマー(2013全米オープン)、ジェイソン・デイ(2015全米プロ)、ダスティン・ジョンソン(2016全米オープン)そして今度のセルヒオ・ガルシア(2017マスターズ)、彼等全てが同社の製品を使って勝ってきている。しかしながらテーラーメイドの全体売上は、この間、むしろこれと逆行して落ちてきている。

明らかにビッグイベントにおける勝利が消費者心理に影響することは確かだが、それだけではないことがここに証明されている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 4/13より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

関連記事

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • マスターズ、代表取締役社長に渡辺 和真氏が就任

  • 『ASTROツアーFチタニウム』と『ASTROツアーU』が登場

  • マスターズ ASTRO TOUR VⅢ, ASTRO PREMIUM

  • マスターズ ASTRO PREMIUM

  • クラウン上端部をカット『アストロプレミアム』