1. 電子センサーと測定機能を備えたGPS内蔵の画期的なゴルフボールの誕生か

電子センサーと測定機能を備えたGPS内蔵の画期的なゴルフボールの誕生か

マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 4,104 Views
ワールドトピックス

米国オンコア・ゴルフテクノロジー(OnCore Golf Technologies, Inc.)社は、電子センサーと測定機能を備えたGPS内蔵の画期的なゴルフボール、”ジニアス(Genius)”の計画を発表した。

同社によれば、そのボールにはGPSチップが埋め込まれ、それにより各ショットでのボールの飛距離、弾道、初速、スピンレートなどを含む広い範囲のデータ計測を行い、次ぎにそのデータはプレーヤーの持つスマホに、リアルタイムに、ブルートゥースを通じて転送するというものだ。

コースを外れて飛んだボールや、林に入ったボールも見つけだす能力を超えて、同社によれば、このジニアスボール(Genius Ball)は、信じられないような量の様々なショットのデータを提供してくれるようになるだろう。

現在の所、同社が考えているジニアスボールの当初設計では、下記のような記録やレポートがあげられている

●ボールの所在場所
●空中飛翔時間
●インパクト時にかかる重力
●打ちだし角度
●ボール初速度
●キャリー飛距離
●転がり距離
●ドロー又はフェード角
●スピンレート
●弾道頂点の高さ

このジニアスボールの詳細について、同社は最終的プロトタイプのデモを、フロリダ州オーランドで行われる2018年度PGAマーチャンダイズショーを予定しており、本格的な出荷開始は2018年度第二四半期(4月以降)を計画している。

オンコア・ゴルフの創業者の一人、ブレット・ブレークリー氏は「開発の当初から、当社は性能が高く、楽しく、ゴルフの継続を促進するユニークな製品の開発を目指してきた」と話し、「このジニアスボール開発の背景にあるコンセプトの意図は、他の技術では真似の出来ないコース現場での、ゴルファー自身の力を理解できるデータを提供し、スキルアップ助けようとするもの。

当社は、ゴルファーがドライビングレンジでローンチモニターを使って出来ることを、このジニアスボールがコースで毎ホール、毎ショット毎にやることが出来るということに自信を持っている。ゴルファーは技術と情報を求めており、この当社の”能を持つボール製品(prodict Ball with Brain)はその双方を充たしてくれるものだ」と効用を説明している。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 10/12)

このジニアスボールの飛距離やスピンなど、ゴルフボールとしての性能については触れられていないが、コース現場でプレーしながらリアルタイムにスイングチェック出来るハイテク練習器機としては使えるのかもしれない。果たしてどのような形で発表されるのか、来年のPGAマーチャンダイズショーを待つしかないようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 春先の天候不良で米ゴルフ用品市場は低調

  • ブリヂストン、米シニアツアー「シニアプレーヤーズ選手権」のスポンサーに

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • ディズニーのスポーツファンサービス

関連記事

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

  • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

  • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

  • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案

  • ボルビック、カラーボールが英国で大ヒット

  • ウイルソン、新製品ソフトゴルフボール発売