1. イングランドゴルフ、トップゴルフとゴルフ振興で提携

イングランドゴルフ、トップゴルフとゴルフ振興で提携

マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 1,377 Views
ワールドトピックス

英国イングランドゴルフは2月5日、世界的スポーツエンターテイメント企業のトップゴルフと、ゴルフ振興を目的に提携を行うと発表した。

今後、この二つの組織は、より多くの人々にゴルフの魅力を伝え、ゴルフのイメージを改善し、ゴルフをより親しみやすいものにするために、お互いに学び作業することを計画している。またこのパートナーシップは、同時にお互いの持つ情報を交換し、新しいアイデアをテストしたり、お互いに学ぶことを含んでいる。

トップゴルフの形式は、既に多くの成功で証明されており、ゴルフ室内レンジのビジネスを通じ、全ての対象者(ゴルファー及びノンゴルファー)を含み、音楽や飲食を伴う良い時間の提供が特長。2017年度、トップゴルフは世界で、一日平均30,000人強の顧客を魅了してきている。

イングランドゴルフのクラブサポート主任、アビー・レンチ氏は、

「我々はトップゴルフから、顧客が望むことや素晴らしい経験を提供することで、人々にゴルフを導入することについて多くのことを学んだ。その知識は我々のクラブをよりよくサポートし、顧客にやさしい市場を理解する助けになるだろう」とコメントしている。

一方、トップゴルフのマーケティング主任、クレア・ケンドリック氏は、

「我々はイングランドゴルフのような著名なグループと提携することが出来、そしてゴルフを誰にとってもより近づきやすいものにするため、一緒に働けることにわくわくしている。ブランドとして、トップゴルフは常にゴルフを育成する方法を模索しており、如何なる年齢や能力の人々もゴルフに参加するように推奨している」と話している。

ちなみにトップゴルフは英国内に三ヶ所のセンターを保有しており、所在地はエセックスのチグウェル、ハートフォードシャーのワットフォード、サリーのアドルストーンに所在している。(英国ゴルフビジネスニュース 2/5)

世界的にゴルフプレー人口が伸びない中、ゴルファーが成熟化して需要が伸びない現状で、ゴルフの楽しさを経験した後、コースでのゴルフに参入するノンゴルファーが増えることは大切だ。NGFの調査でも、トップゴルフで経験をしたノンゴルファーがゴルファーに転進する比率は高いという。

今後のゴルフ振興の手段として、両者の提携は大きな影響を与えることになりそうだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • アーコスゴルフとコブラゴルフがAIで提携