1. ホールサイズを8インチに拡大すればゴルフ振興出来るか?

ホールサイズを8インチに拡大すればゴルフ振興出来るか?

マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 188 Views

(フランク・トーマス氏見解)
 
ゴルフ界はゴルフ人口の伸び悩みという面で困難な時代を経験している。事実、米国ではこの10年以上、ゴルフへの参加人口が減り続けていることが示されている。そしてこれに対して過去10年、数々のゴルフ振興活動が行われ、ゴルフ人口のダウン傾向を食い止めようとしている。
 
我々フランクリーゴルフ(同氏ウェブサイト)においてもこの問題を解決するために、この問題点の本質を明らかにすることが必要になっている。それには、なぜ我々が500年もの間ゴルフをプレーし、それを楽しみ見せられてきたかの真実を理解することが要求される。
 
この情報にあたり、我々はこの10年に何が変わったかを検討し、更にこの変化とゴルフ人口減少との相関関係を検討することが可能だ。18,400人のゴルファーを対象にしたゴルフ振興のための調査がスタートし、その結果はこのサイト(www.franklygolf.com)で参照可能。
 
多くのゴルファー、地方自治体首長、そしてゴルフ組織が、ゴルフ人口の減少理由についてはなしてきており、その中からいくつかの示唆が取り上げられ更に対策が取られてきたが、ゴルフ人口増加を刺激するプログラムについては未だ取り上げられていないのが現状だ。
 
我々は、最近PGAやUSGAが、自分が長く提唱してきていた「Tee it Forward」活動に成功したと聞き喜ばしい限りだが、このことには多くのグループが参加し、環境を換えることの導入も必要となる。耕されていない古い土壌に種を蒔いても良い収穫は期待出来ない。
 
>>【関連記事】米国ゴルフ振興策『TEE IT FORWARD』(2011年06月03日09時48分)
 
ジャック・ニクラウス氏は、何をなすべきかを別の方法で考えており、グリーンのホールの直径を8インチにしてはどうかと提案して、それがゴルフ振興に効くかどうかを自身で実験している。
 
現在のホールの大きさ直径4 と1/4インチは1891年以来の公式サイズであり、これを8インチにかえることには様々な問題も予想され、それが実際にゴルフ振興に役立つかどうかまだ明らかではない。
 
そこで読者がこのホール直径を8インチにするという提案についてどういう意見をお持ちかお尋ねしたい。
(フランクリーゴルフ 9/8)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • ロングパターの禁止、フランク・トーマス氏の見解

  • スロープレーを無くすために

  • フランク・トーマスの用具アドバイス

  • 用具選びのヒント

  • プロのクラブ使用本数は減らすべきか?

  • フランク・トーマス、ゴルフ用具ルールに関する本を出版