1. 将来のゴルフ振興にはゴルフの学校教育が肝要

将来のゴルフ振興にはゴルフの学校教育が肝要

マーケット関連
この記事は約 2 分で読めます。 318 Views

 
しかしながら子供達をゴルフへと導く機会がなかなかない。米国ゴルフ振興策の「ファーストティー・全米小学校プログラム(NSP)」は、短期的なゴルフ振興策より重要ではあるが、その活力の条件はゴルフ全体の不振を解決だ。
 
>>【関連記事】米国ゴルフ振興策『TEE IT FORWARD』
 
今年の学期を通じて、全米小学校プログラム(NSP)は、ゴルフを全米約600の学区で4,200以上の小学校に導入する予定だ。この独自に設計されたゴルフ教育カリキュラムは、一般体育教育クラス(K-5)の一環として取り入れられ、このプログラムは単にゴルフの技術を教えるだけではなく、その個人的、社会的な価値にも焦点を当てている。
 
そして今年、元世界一の女子プレーヤー、アニカ・ソレンスタムが主催する、アニカ基金の支援を受けて、このNSPは健康管理計画についても取り組む予定だ。
 
ゴルフ産業のプロだけではなく、教育者は、2004年に導入されたスクールプログラムの効果について認識している。ウェストバージニア州の小学校の元校長、スティーブ・ペイン氏は、この全米に展開するNSPの先頭に立っている。
 
同氏は「ゴルフを通じてプロの教育者から子供に与えられるものは、心から積極的であり、社会的な分別、学術的な成果、そして個人的な成長に不滅の影響を与えるだろう」と話している。
 
下記は2008年度、このカリキュラムを実施した教師のアンケートによる結果:
*75%が「素晴らしい(excellent)」と格付け、23%が「良い(good)」と評価。
*教師達の99%は、特に用意されたクラブ(耐久性が高い、大きめのプラスチック製クラブ)は、小学生児童にとって適切で効果的な開発と評価。
*50%以上の教師が、このカリキュラムにより学童の行動が改善されたと評価。
*スクールへのNSP導入は、このスクール実施のため1校当たり一度に3,200ドルを寄付してくれたスポンサーやパートナーに直接つながっている。
 
この結果、この投資は価値を生み出しているようだ。
(ゴルフウィーク 9/19)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • 本気で作った『ディアマナジュニア』 オノマトペ的シャフト開発の兆し?

  • ゴルフ界・2つの「2020年問題」(上)

  • 「甘やかし」という「毒」を与えるジュニア教育

  • ゴルフ振興にはファミリーが鍵

  • アコーディア・ゴルフ、「子供たちに『スポーツとしてのゴルフの場』を提供」

  • 米国ゴルフ振興策”Get Golf Ready”、成果を上げ継続進行中