1. オリンピック用ゴルフコース設計者決定が延期に

オリンピック用ゴルフコース設計者決定が延期に

マーケット関連
この記事は約 2 分で読めます。 156 Views

オリンピック組織は、「高品質な提案を喜んでいるが、最終決定は国際オリンピック委員会がリオを訪問する予定の3月まで行わない」と発言している。

既に明らかになっているように、最終選考に残った8団体は、ゲーリー・プレーヤー・デザイン、グレッグ・ノーマン・ゴルフコースデザイン、ハンス・ゴルフコースデザイン、ホートリーLTD.、ニクラス・デザイン、ルネッサンス・ゴルフ、ロバート・トレント・ジョーンズII、そしてトムソン/ピーター・ゴルフコースアーキテクト。

既に知られているように、ニクラスはアニカ・ソレンスタムと、ノーマンはロレーナ・オチョアとそれぞれチームを組んでこのプロジェクトに臨んでいる。

この選定を行うための委員会は、リオ2016オリンピック委員会会長のカルロス・ナッツマン氏、国際ゴルフ連盟(IGF)会長、ピーター・ドーソン氏、及び他の地域代表によって編成されている。

この提案の締切は、入札者の誰もが当初正式な法的、財務的書類を用意していなかったため、昨年延期されているが、当初は昨年12月中に発表される予定だった。

この入札への参加申込み者は、以前にコース設計の実績を持ち、国際的な企業でリオに事務所を持つことが条件とされており、更にリオ委員会の話ではコースは市の遺産となると共に、2015年までにテスト競技のため完成することが条件となっているそうだ。

なお、リオのゴルフコースは、多くのオリンピック競技が行われるBarra da Tijucaの近くに作られることになっており、オリンピック村から約3マイルの距離が予想されている。(ゴルフウィーク 2/3)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 2024年の夏季オリンピックも引き続きゴルフが正式種目に

  • リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

  • 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討