1. オリンピックは女子ゴルフ発展のチャンス

オリンピックは女子ゴルフ発展のチャンス

マーケット関連
この記事は約 2 分で読めます。 153 Views

2010年にLPGAコミッショナーの座を引き継いだホワン氏は「男子は既に多くの世界メディアカバレージがあるが、我々(女子)はせいぜい年に三回か四回だ。今度のオリンピックは世界のメディアが女子ゴルフに注目してくれるチャンスだ。オリンピックは世界に向けてのアピールのチャンスであり、これをうまく行うことに現在はプレッシャーを感じ始めている」と話している。

「我々の使命はゴルフを通じて女性を元気付け、力を与えることにある。もし貴方が12歳で上手なゴルファーなら、どこの国に居ようと夢を持つことができる。ゴルフは真の国境の無いスポーツであり、それが良くオリンピックに寄与する所以でもある」とホワン氏は話している。

同氏は、ツアーを通じて国籍は二の次だったが、LPGAが現在世界一のヤニ・ツェンの母国へ行くと、国家の威信が信じられないほどに感じられるという。そして「LPGAが台湾で行われると、ギャラリーはヤニに誇りを見せるし、同様に韓国、オーストラリア・・・へ行ってもファンは母国の選手を追い回している。我々はそれを抑えるつもりはなく、むしろそれに信頼を感じたい」と話している。

ちなみにツェンは先週のタイで勝利を収めたが、(オリンピックでは)金メダルを取りたいと言っており「それはすごくエキサイティングだ。ゴルフがオリンピックに含まれて嬉しい。それはゴルフにとっても素晴らしく、私は国のためにプレーしたい」と話している。(GolfBiz.net WGS Daily Puls 2/22 ロイター記事より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 2024年の夏季オリンピックも引き続きゴルフが正式種目に

  • リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

  • 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討