1. リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

事件・アクシデント関連
この記事は約 2 分で読めます。 366 Views
ワールドトピックス

リオデジャネイロオリンピックでゴルフが復帰して、競技が行われてからいくらもたたないのに、その為に新設されたブラジルのオリンピックゴルフコースが地元のトラブルで苦境に立たされているという。

このニュースは、その後コースを取材に訪れた海外メディアからもたらされたもので、話によると最近はプレーをするゴルファーも非常に少なく、むしろワニやカピバラといった野生の生物が多く見られるという。

この問題の一つの原因は、ブラジルゴルフ連盟(BGC)とコース管理会社(Progolf)との間での支払いに関する論争だそうで、どうやらこの会社はコース管理のために先行投資費用が必要にもかかわらず、それに関するブラジルゴルフ連盟との契約が成立しないためらしい。

それが原因でコース管理会社はコースから全面的に手を引かざるを得なくなっており、それがコース荒廃を招いているようだ。

それにもかかわらず、連盟の会長はコースの展望について楽観的で、未だに「(このコースは)世界最高で最も象徴的なコースのひとつだ」と発言しているそうだ。(Golf.comニュース 11/27より)

どうやら当初のオリンピック人気によりゴルファーが増え、地域のゴルフ進行に繋がるという目論見ははずれ、このままではオリンピックレガシーとしての存続も危ぶまれているようだ。現在、国内でもオリンピック競技場の建設に関する論議が行われているが、将来のことを考え、慎重な判断が望まれることだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 2024年の夏季オリンピックも引き続きゴルフが正式種目に

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

  • 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討

  • 新しいゴルフの歴史を作るオリンピック