1. キャロウェイ、ゴルフボールにも注力

キャロウェイ、ゴルフボールにも注力

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 216 Views

しかし、キャロウェイゴルフは、ゴルフクラブとゴルフボールを同社のコアビジネスと定め、この事業改善へ注力してきた。そして、今年3月に新たに同社CEO社長に着任したチップ・ブリューワー氏(元アダムスゴルフ)の重要課題として前に立ちはだかっている。

ブリューワー氏は「ゴルフボールビジネスは、自分がここで始めたい最もエキサイティングな事業の一つだ」と宣言しており、「この事業はキャロウェイにとって歴史的に利益の出る事業では無かった。これまで売れたり売れなかったりしたが、これは今後我々が取る戦略ではない。基本的なことは当社がゴルフボールで儲かることで、消費者が買って使いたくなるボールを造ることだ」とコメントしている。

ブリューワー新社長はこのタイミングが来ることを信じており「自分はそれが今だと思う。当社ゴルフボールHEX Black Tour及びHEX Chromeの技術背景や性能は素晴らしい。これらの空力性能、スピン性能、全体的な性能からもたらされた市場での明らかな優位性に今や弱みはない。最終的に根本的な問題は製品の性能であり、消費者はそれを使いたがるのだ。自分はこのことが成就しつつあることに興奮している。それに向かって我々は努力し続けなければならないし、今後も競合はあるだろうが最も重要な土台は出来上がりつつある」と話している。

(同社が行った)トップフライトの分離は、ブランドが市場での低価格帯商品に変化したため、必要な部分だったと話している。同氏は「ボール事業における価値観変化は信じられないほど難しいものだ。常にコストプレッシャーに置かれるし、元に戻すことが出来ない。それが重要なことだ」と話している。
 
「かつてトップフライトブランドはそのような位置づけではなかったが、(キャロウェイが買収して以来の)マスマーケット戦略や低価格帯をターゲットとするスポーツ用品戦略で変化してしまった。そこで新たに高級ブランドがボール事業を立て直すためにスタートした。そして小売市場における競争は異なるものになった」と、キャロウェイゴルフCFOのブラッド・ホリデイ氏も付け加えている。ブリューワー社長は「最大かつ最重要な事は、我々が消費者が本当に評価してくれるような差別化された商品を持ったことだ。我々は利益有るボール事業へ向かって邁進することが出来る」と話している。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 5/1)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!