1. テーラーメイド、ゴルフボール新製品プロジェクト(a)を発表

テーラーメイド、ゴルフボール新製品プロジェクト(a)を発表

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 192 Views

例えば、ドライバーの場合、多くのアマチュアは、プロがドライバーのボール飛距離を伸ばすために使っている多層ボールのような低スピンを好み、アプローチショットでは、プロがツアーで使用しているな薄いウレタンカバーボールの様なハイスピン性能を望む傾向がある。

このテーラーメイド新製品、Project(a)ゴルフボールは、特にアマチュアのために設計されたボールで、ドライバーでの低スピンを達成するために、同社技術”Ract Core”をコアに採用し、アプローチショットでの高スピンを実現するために同社技術”Soft Tech”成形ウレタンカバーを使用している。

この3ピースボール構造のProject(a)は同時に、中間層に”Spin Mantle”層が設けられており、それがロング、ショートの中間でのスピン調整機能を果たしている。このボールが、先に発表されたテーラーメイド新製品、ツアープリファードやツアープリファードXと違うところは、ハイスピンを生む機能だそうだ。

テーラーメイド社ゴルフボール開発担当副社長、ディーン・スネル氏によれば、ハンディキャップ10から24のアマチュアはグリーンから150ヤードのショットで、平均して35ヤードミスする傾向があるという。彼等には、それらのショットにプロのような余分なスピンは必要ないという。しかし彼等にとっては、ラウンド中のショットの80%を占めるといわれる80ヤード以内になったときにスピンが必要だと言う。

「ツアープレーヤーは、平均してウェッジショットで毎分10.000回転のスピンを出す。グリーン上においてスピンで球を戻すには、約毎分9,000回転のスピンが必要だが、アマチュアの平均スピン回転数は5,000回転ほどだ」と説明している。

このプロとアマチュアのギャップを埋めるために、Project(a)ゴルフボールは、ほとんどのゴルファーの9番以降のショートアイアンで最大のスピンを出せるように設計されているそうだ。アマチュアにとって1,000回転スピンが増える毎に、それらのクラブで着地点に、5フィート(約1.5m)ほどより近くボールを止めることが出来ると、スネル氏は話している。

このProject (a)、プロジェクト(a)ゴルフボールは、既に米国市場で発売中、価格はダース当たり31.99ドル。(GolfWRXサイト 2/3)

つい最近、上級者向けプレミアムゴルフボール、ツアープリファードを発表したばかりのテーラーメイド、ゴルフ産業を支えるアマチュアゴルファーへの製品開発も怠りないようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 永井プロが試打検証 テーラーメイド M3、M4は本当に飛んで曲がらないのか?

  • テーラーメイド M3 M4は飛んで曲がらないツイストフェース

  • テーラーメイド改めホンマの菱沼常務が「転職理由」を語る

  • ミスター・テーラーメイドが本間ゴルフの常務に

  • テーラーメイドがゴルフアパレル発売で「ライバルはデサント」

  • セルジオ・ガルシア、テーラーメイドとの契約解除に合意