1. ナイキ、コバート2.0ドライバー、黒ヘッドバージョン発売

ナイキ、コバート2.0ドライバー、黒ヘッドバージョン発売

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 104 Views

米国市場価格は1本299ドル、右用のみで、米国市場発売は5/15が予定されている。

このコバート2.0のブラッククラウンバージョンは、オリジナルのレッドバージョンに比べるとヘッドのテカリを抑えてある。このドライバーの標準仕様には、ミツビシ・クロカゲ・ブラックシャフト及び黒のツアーラップグリップ(Tour Wrap ) 2Gが装着されている。

このクラブのソールもレッドバージョン同様ソール後部の大きなキャビティーを特徴としている。このドライバーもウェイトをヘッド後部のヒールやトウへシフトさせることで、周辺重量配分を生むことが出来、ヘッドの慣性モーメントを増やせる仕組みになっている。ナイキ社によれば、これがオフセンターヒットの際のクラブ捻り抵抗を助け、ストレートな弾道を生むのだそうだ。

このドライバーは、ナイキ独自の15ポジション・アジャスタブルホーゼルシステムのフレックスロフトを採用しており、これによりゴルファーがフェースアングルをオープンやクローズに調節でき、またロフトも8.5度から12.5度まで調節することが出来る。

ナイキ社によれば、VR_S Covertの最新の可変厚み(variable-thickness)NexCorフェースは、スイートスポット外でもボールスピードを高めるので、若干のミスショットでも飛距離ロスが無く、そこそこのナイスショットとなるのだそうだ。(ゴルフウィーク 4/23)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ナイキジャパン 移転のお知らせ

    • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

    • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

    • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

    • 元ナイキのロック石井氏、キャロウェイに入社

    • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ