1. キャロウェイ上級者向きアイアン新製品

キャロウェイ上級者向きアイアン新製品

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 178 Views

昨年、2013年7月、キャロウェイゴルフ社CEO、チップ・ブリューワー氏は、シーズン半ばでの新製品発売とそれが如何に同社の経営計画にマッチしているかに言及して、「シーズン半ばでの新製品発売は、時にして1月定期発売に比べて規模が小さくなることがあり、利益性もそれに連動することがあるが、この業界では異なるシーズンに発売する製品で成功することもある」と説明していた。

そして今回「キャロウェイゴルフは過去この時期に新製品を発売することはなかったが、自分としてはこれまで他の有名ブランドで(この時期の新発売の)経験がある。だからこれは別に不思議なことではないし、当社は特に新製品発売を急いだり、遅らせたりしているわけではない」と前置きして、次の新製品発表を行っている。

2014年8月、キャロウェイはビッグバーサVシリーズの発売を発表しているが、今回、これに続けて新しく二機種のアイアンシリーズを発表した。それがエイペックスUT(Apex UT)とエイペックスMB(Apex MB)だ。2013年後半、キャロウェイはエイペックスシリーズのアイアンセット(プロシリーズ及び標準)を発売していたが、これらのシリーズは特定の選ばれたプレーヤーを対象にしており、今回の最新アイアンシリーズもそのテーマを継承するものだ。

エイペックス・マッスルバック(Apex Muscleback)アイアンはツアープレーヤー対象の製品だ。キャロウェイによれば、このマッスルバックはツアープレーヤーの意見からヒントを得たもので、短く言えば世界最高のプレーヤー達は、性能の優れたブレードの正確性を求めており、それが製品開発の動機だったそうだ。このエイペックス・マッスルバック(Apex Muscleback)アイアンはカスタムオーダー(注文生産)オンリーで、これまでのキャロウェイの新製品発売の方法とは大きく異なる。小売価格はセットで1,099ドルに設定されている。

もう一つの新製品、エイペックス・ユーティリティー(Apex Utility)アイアンは、キャロウェイによれば、精密鍛造技術が搭載されており、正確性、多様性、飛距離ギャップの改善をもたらし、加えてキャロウェイのエイペックスアイアンシリーズの中では容認性(forgeveness)にも優れているとのこと。もしハイブリッド又はロングアイアンに関する高技術の選択肢を求めているのであれば、このアイアンは注目に値するだろう。このApex UTアイアンはソールウェイティング(低重心)を特徴にしており、同社によればその低重心がこれらのユーティリティアイアンの打ち易さ、球の上げ易さを増しているのだそうだ。このアイアンの中空構造(Hollow Body construction)は、伝統的な形状でありながら打ち易さを増しているとのこと。

このApex UTアイアンには、標準ではKBS Tou-V又はUST Recoil 680 F4シャフトが装着してあるが、同価格での特注シャフトも可能とのこと。ロフトは18、21、24度で、米国標準小売価格は1本229ドル。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 8/15)

昨年のテーラーメイドに代わって今年はキャロウェイの新製品オファーリングが盛んなようだ。この下期、一気にシェア奪回を狙っているようだが、この冷え切った今年の米国ゴルフクラブ市場、果たして目論見通りに展開するのか、今後の市場反応が注目される。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!