1. 易しさが売り。クリーブランド新製品ドライバー、CG Black

易しさが売り。クリーブランド新製品ドライバー、CG Black

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 263 Views

そのドライバー、クリーブランドCG Blackの総重量は260グラム(ヘッド:187グラム、シャフト:44グラム、グリップ:25グラム)の超軽量。この重量はクリーブランドが現在販売中のアベレージゴルファー対象ドライバー、588 Altitudeより10グラム軽く、市場にある一般的なドライバーより約40~50グラム軽いのだそうだ。

このCG Blackは、ヘッドスピードが毎時80~90マイル(35~40m/秒)の比較的ヘッドスピードが遅いゴルファーを対象に設計されたモデルで、ノンアジャスタブル(調整機能無し)のこのドライバーのバックスピン機能は588 Altitude(前作ドライバー)とほぼ同等なのだそうだ。しかしながら、このCB Blackの低重心及び46インチで44グラムの三菱レイヨンのシャフトBassaraによって、そのターゲットユーザー(ヘッドスピードが遅いゴルファー)にとって、より高い弾道と最高の飛距離をもたらす設計となっている。実際に計測しても、同社が2012年度より販売しているCG Blackドライバーより打ちだし角度が1~2度高くなっているとのことだ。

これに加えて、この易しさを追求したモデルは全体がより高いバランスポイントになっており、同じ力で振ったとき、より速いスイングと回転をもたらすという。

このドライバーのフェイスは6-4チタン製で、4点の厚さに変化が付けてあり、フェースセンターが最も厚く、トウ部分上部、トウ部分下部が最も薄くなっているため、オフセンターで打ったときでも飛距離と方向性が改善されているそうだ。仕様はロフトが9、10.5、12度の三種類。米国市場発売開始は11/14、米国市場小売標準価格は1本349ドル。(ゴルフマガジン Golf.com 10/14記事)

多くの大手メーカーが、こぞって今の市場で需要が見込めるプロ上級者対象のアスリートモデル新製品を発表する中、敢えてアベレージゴルファー向けモデルを標榜して発売されるモデルも珍しい。初心者やシニアに優しいアベレージゴルファーの福音となる製品登場に注目したい。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • Cleveland Golf 2017 FW Webカタログ

  • Cleveland GOLF 2017 Webカタログ

  • ダンロップスポーツ クリーブランド RTX F-GORGED

  • Cleveland GOLF 2016 – クリーブランドWebカタログ

  • Cleveland GOLF 2015 – クリーブランドWebカタログ

  • 今秋のダンロップは、”カッコやさしい”