1. 百聞は一見に如かず!コブラ新製品

百聞は一見に如かず!コブラ新製品

新商品・メーカー関連
この記事は約 4 分で読めます。 74 Views

アジャスタビリティの初期は、主としてロフトに焦点が当てられていた。だが近年はその焦点は、重心位置の移動に変わってきており、あるメーカーはヘッド後方の重心位置を、またあるメーカーはヘッド前方の重心位置をうたい、同時にそれをヘッドの上や下に位置することを主張している。そしてクラブメーカー達は、継続してその工夫に対する自社の技術を競い、一般ゴルファー達はどれが自分に合うのか迷っている状態だ。

そんな中、コブラゴルフは、同社独自のムーバブルウェイトシステム、FlipZoneにより弾道を調整できるアジャスタブルウェイト技術を採用したFly-Z+ドライバーを発表した。

同社R&D担当副社長のトム・オラザヴスキー氏は「このFly-Z+ドライバーは、今市場にあるアジャスタブルドライバーの中で最も低い重心位置(CG)を特長としている。この新しいFlipZone技術は、ひとつのヘッドで二つの異なる弾道をもたらすことが出来る。これは正しくゴルフを変えるユニークな技術だ」と話している。

ゴルファーはこの新製品Fly-ZドライバーのCGを、そのスイングに応じて前後に動かすことが出来る。コブラ社によれば、このFlipZone技術がボールスピードを高め、スピンを抑え、最適打ちだし角度を生む鍵となるのだそうだ。FlipZone技術は、ドライバーのソールに位置し、前後に移動してセット出来る15グラムのウェイトを特長としており、同社によればこの二つのウェイトセッティングで性能が異なり、ゴルファーは自分のスイングで最も真っ直ぐ遠くへ飛ぶように調整できるのだそうだ。CGを前方にすると、超低スピンの中間打ち出し角(mid-launch angle)となり、最大距離のための突き刺す弾道と大きなランが得られ、逆にCGを後方にすると、スピンが加わり大きなキャリーが得られるのだとコブラは説明している。

またこのFly-Z+ドライバーは、コブラの新技術、Speed Channelの採用を特長としているが、これはフェースの周囲を取り巻くように設計された溝で、厚みを最小限にするように働き、その結果フェース全体でのボールスピードを増し、飛距離を伸ばすと同時に許容性(forgiveness)も高めるのだそうだ。

このコブラ新製品Fly-Z+ドライバーの米国小売価格は399ドル、ヘッドカラーは5色でブラック、ホワイト、ブルー、オレンジ、レッド。米国市場小売店頭発売開始予定は2015年2月1日。3月にはグリーンの発売予定もあるそうだ。

また同時にコブラはFly-Z+モデルからFlipZoneムーバブルウェイトシステムを省いたモデル、Fly-Z(小売価格329ドル)も発売予定。このFly-Zモデルは低く、深いCG位置にセットしてあり、低スピン、高めの打ちだし角でフェース全体のボールスピードが高くなっている。オラザヴスキー氏(前出)は「このFly-Zドライバーは現在市場にあるドライバーの中でも飛距離を失わずしかも一番許容性の高いドライバーだ。この460ccのドライバーは、これまでコブラが造った中でも最も易しいモデルだ」と話している。

このFly-Zはコブラ独自のMyFly8技術を搭載しており、ゴルファーは単純に8種類のロフト/弾道(9.0°~12.0°)を選択調整することが出来る。またこの異なるロフトセッティングにも関わらずSmartPad技術でフェースは常にスクエアにセットされるとのことだ。

このモデルもヘッドカラーは5色で、Fly=Z+に先行し2015年1月23日に発売、女性やスイングスピードの遅いゴルファー向けに、高ロフト(10.5°、13.5°)のモデルも発売される。

更に2015モデルFly-Zシリーズの一環として、コブラはFly-Z XLも発売する。これは特にシニア、レディス、ビギナーを意識したモデルで価格は279ドル。このモデルは2015年に発売される同シリーズに先駆け、2014年11月14日から米国市場店頭に並ぶそうだ。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 11/5)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 大きいことはいいことだ

    • デシャンボーがオールドファッションでプレー

    • コブラゴルフから更に意味ある新製品

    • コブラゴルフ更なる2016年度新製品クラブを発表

    • リッキー・ファウラー来日でKING復活

    • コブラ・プーマ、ジュニア育成に協力!