1. テーラーメイド第三四半期業績

テーラーメイド第三四半期業績

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 178 Views

同CEOの株主に対する報告によると、TMaGゴルフは明らかに今期アディダスグループ内で最低の業績であり、売上は為替レート一定レベルで29%ダウン、営業利益も昨年同期に比べると大幅にダウンしているとのことだ。

その理由は、ゴルフ人口の減少が厳しく、最大のアゲンストは市場における高い在庫水準とその遅々として進まぬ消化にあるとしており、従って当社としては業界リーダーとしての立場から消化を率先して実行することに専念し、昨年はSLDRドライバー発売で成功したが、2014年度はその売り上げは追わないことを選択したと説明した。

同時に、同社はこの8月に行った、アダムスゴルフ、テキサス本社の閉鎖及び世界のゴルフ事業関係従業員15%削減を含むリストラを完了しているとして、これら一連の対策に関わる費用、約1,000万ユーロが第三四半期にかかったことを報告した。そしてハイナーCEO(前出)は、この結果2015年度の復活に向けて販売及び利益体質が安定化することに自信を持っていると話している。

2013年度第三四半期、テーラーメイドとその関連企業は、R1 BlackやSLDRドライバーなど複数の新製品を発売したが、現在の売上は思わしくなく、テーラーメイド市場在庫増へのお荷物になっているようだ。

この結果、今年2014年度1月~9月累計売上高6億7.300万ユーロは前年度実績(9億8,100万ユーロ)から31.4%(3億800万ユーロ)のダウンとなっており、2014年年間実績で8億ユーロを超えるのは難しいようだ。歴史的に第四四半期はゴルフ用品売上にとって最低の時期だ。テーラーメイドに取って、昨年は例外的に新製品JetSpeedやSLDRなどの発売により3億400万ドルの売上を上げていたが、今年はそのような新製品発売もないため、この世界最大のゴルフ用品メーカーは、年間売上では5億ユーロの落ち込みをみせるだろうと予測している。(GolfBiz.net GWS Daily Pulse 11/7)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 永井プロが試打検証 テーラーメイド M3、M4は本当に飛んで曲がらないのか?

  • テーラーメイド M3 M4は飛んで曲がらないツイストフェース

  • テーラーメイド改めホンマの菱沼常務が「転職理由」を語る

  • ミスター・テーラーメイドが本間ゴルフの常務に

  • テーラーメイドがゴルフアパレル発売で「ライバルはデサント」

  • セルジオ・ガルシア、テーラーメイドとの契約解除に合意