1. ウイルソン、アイアン新製品を発表

ウイルソン、アイアン新製品を発表

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 204 Views

ウイルソンゴルフは、ゴルファーの飛距離と正確性を劇的に改善するために設計されたというアイアン新製品を発売した。

ウイルソンスポーツ社の新製品開発拠点であるウイルソン研究所(Wilson Labs)は、これらのアイアンを、ウイルソン社の定義における、飛距離と正確性、しかも打ち易さを求める初中級者(mid to high handicap player)のために開発した。

この、Wilson Staff C200の特長は、特許出願中のFLXフェース技術で、これは同社によるとフェース本体(ボディ)と薄いフェースの間の接点を最小にするのだという。

ウイルソン社によれば、薄型フェースの76%が実際にアイアンヘッドの本体からフリーになっており、これによってインパクトの際のフェース弾力性を最大にすることが可能なのだそうだ。パワーホール(Power Holes)として知られているこれらの空間はヘッドを完全に貫く文字通りのホール(穴)で、フェース弾力性のための空間をもたらすのだそうだ。このパワーホールは、類い希なフィーリングを創り出すためにTE031ウレタンを充填されているとのことだ。

ウイルソン研究所のゴルフ開発グローバルディレクター、マイケル・ヴルスカ氏は「当社はこのC200アイアンとFLXフェース技術を世に出すことに非常な興奮と誇りを感じている」と話しており、「このアイアンは信じられないような飛距離を得るために設計されており、アマチュアゴルファーやウイルソン契約プロからのテスト結果報告ではそれが証明されている。当社としては目視できる技術により誰もが簡単に理解できる全く新しいクラブの開発を目的としてきた。C200の飛距離、許容性(forgiceness)、そしてフィーリングは、当社の高い期待を超えるものだった。当社ウイルソン研究所におけるプレーテストでも、現在の伝統的アイアンを大きく超える結果が見られている」と同氏は付け加えている。

このウイルソンC200シリーズは、米国市場では1月15日発売が予定されており、市場小売価格はセット799.99ドルが予定されている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 1/7)

この例もそうだが、最近、プロ上級者向け製品に混じって、このような一般アマチュアゴルファーにも福音をもたらすような製品の発表も増えてきたようだ。市場拡大の期待感によるものだろうが、相互作用によるゴルファー拡大も期待できる傾向だ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • ウイルソン、新製品ソフトゴルフボール発売

  • Wilson Staff 2017 – ウィルソンスタッフWebカタログ

  • 3拍子揃ったウイルソンベアのボール

  • 中空軟鉄鍛造の大型マッスルバック『RAZZLE DAZZLE CSI-M FORGED』

  • 世界一やわらかい多層ボール『DX3 SPIN』

  • たわみで飛ばす、ウイルソン『C200アイアン』