1. タイトリストのコンセプトクラブ

タイトリストのコンセプトクラブ

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 230 Views
ワールドトピックス

自動車メーカーが、モーターショーで自社の考え方を表現するために実際には市販されないプロトタイプカー、コンセプトカーを発表することがあるが、これをゴルフクラブの世界で実施したクラブメーカーがある。それがタイトリストだ。

タイトリストのR&Dチームは、同社経営陣に営業とは異なる観点からのクラブ作りを希望をしていたが、経営陣からR&Dチームに対して、やれることがあったら見せてくれとの返答が返ってきたという。

そしてその結果誕生したのが今回明らかにされたタイトリストのコンセプトクラブだ。

タイトリストによると、同社技術者達は、USGAの用具ルール範囲内でもっと性能のいいクラブを作れるとの強い信念を見せたのだそうだ。クラブの大部分は、世界最高のプレーヤーが考えていることに沿って研究されることが度々あるが、この分野の事を考えると正直言って彼等がクラブにお金を使うことはない。しかし彼等は最終的にゴルフ経済に資する製品や工程に対しては有効だ。

今回の新しいタイトリストのコンセプトクラブ活動は、現在の厳密な、R&Aのルールに基づく、高度で革新的な技術、超高級な材料、進歩的な構造手法と仕上げ処理を証明する道をもたらしたものだものだと同社は話している。

コンセプトクラブは同時に、ゴルファーの将来予測も可能にし、コンセプト製品の技術が、次世代タイトリスト製品に活かされるかもしれないと言う期待を抱かせてくれる。その本質として、コンセプトクラブは最高級であり、非常に限定された量だけが(米国のみ)で発売されることになっている。

例えばタイトリストコンセプトクラブC16ドライバーの価格は999ドルで、生産量も1,500本に限定されているのだそうだ。クラブビジネス、特に小売部門では、年間を通じて価格が変化するが、この限定数量は疑いなく全体市場に対して少量なので速く動くことになるだろう。

このコンセプトクラブについては、フィッティングは必要だが、それが条件ではない。タイトリストによると、同社がクラブ事業で新しい分野を模索しているわけではないそうだ。事実、R&Dチームは、このクラブがアマチュアゴルファーにとっても飛距離が伸びるということについて非常に楽観的だと言われている。

タイトリストは同時に1,000セットのC16アイアンも発売する。この価格はセット2,699ドル(8本スティールシャフト付き)と2,999ドル(グラファイトシャフト)と設定されている。

同社ゴルフクラブマーケティング担当副社長のJosh Talge氏によると、C16アイアンの飛距離は、同じロフトの同社APIよりワンクラブ分飛ぶのだそうだ。このコンセプトクラブの発売開始は、米国内で4/28が予定されており、予約先着順に販売されるようだ。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 4/18)

価格競争による量販が主流となっていたクラブ市場でタイトリストがとったこの実験的な販売プロセスは、今後のクラブ販売に対する試金石となるのだろうか。米国市場に最近散見される高級ゴルフクラブ分野誕生の刺激になるのかもしれない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

関連記事

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

  • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

  • タイトリストがボール工場見学ツアー

  • アクシネット社上期売上は前年割れ

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 依然業績好調のアクシネット社