1. キャロウェイ、好調の第一四半期業績を発表

キャロウェイ、好調の第一四半期業績を発表

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 112 Views

キャロウェイゴルフは5月5日、同社第一四半期業績を発表した。

それによると、同社第一四半期売上高は、前年同期を13%(3,500万ドル)上回る3億900万ドルを計上。この業績はブランドの勢い継続と、コア製品分野における市場シェア向上戦略展開を反映する結果となっている。

第一四半期の予想以上の好業績を受けて同社は、2017年度年間売上見込みを当初予想(9億1,000万ドル-9億3,500万ドル)から、4,500万ドル-5.000万ドル上方修正し、9億6,000万ドル-9億8,000万ドルに訂正している。

キャロウェイゴルフ社CEO社長のチップ・ブリューワー氏は、

「2017年のスタートは非常に好調だった。EPICドライバーや新クロームソフトXゴルフボールを含む当社新製品の売上高は、当初の見込みを上回った。全世界の売上も全ての地域で売上と市場シェアの伸長を見ている。

加えて当社の新しいベンチャー事業、日本におけるアパレル事業ジョイントベンチャーや、最近獲得したOGIO(バッグ)ビジネスも計画を上回って進行している。

また当社財務体質も、今年初めのOGIO獲得にもかかわらず流動性高く堅固だ。(この業績に)全体的に現状に非常に満足しており、今年の残りも慎重にして楽観的に考えている」(要約)とコメントしている。

(キャロウェイゴルフリリース 5/4より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。


    この人が書いた記事  記事一覧

    • ゴルフ用品市場へのアマゾンの影響を調査

    • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

    • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

    • ボールメーカーポララ社が米破産法を申請

    関連記事

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • キャロウェイが新ドライバーROGUE(ローグ)を発表 エピックの後継機種じゃない!

    • キャロウェイがセルヒオ・ガルシアとの契約を発表

    • キャロウェイゴルフ、好調の2017年第3四半期業績を発表

    • キャロウェイ、ミケルソンと契約を更新

    • 野球場でゴルフができる?キャロウェイがMLBの球場にゴルフコースを設営