1. キャロウェイゴルフ、好調の2017年第3四半期業績を発表

キャロウェイゴルフ、好調の2017年第3四半期業績を発表

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 2,084 Views
ワールドトピックス

キャロウェイゴルフ社は10月25日、同社の第三四半期(7~9月)業績及び2017年度年間見込みの上方修正を発表した。

それによると同社第三四半期純売上高は、2016年度(昨年)同期を5,600万ドル(30%)上回る2億3,300万ドル。

この売上増は、品種別にはゴルフクラブ(+21%)、ゴルフボール(+20%)、用品その他(+72%)の売上増によりもたらされたもので、同時に地域別にも米国内(+33%)、欧州(+23%)、日本(+28%)その他アジア(+28%)、その他(+23%)と、全地域に渡る売上増の結果だった。

このゴルフクラブ及びゴルフボール部門での売上増は、同社のエピックシリーズの継続する成功及びクロームソフトゴルフボールシリーズの成功を反映したものだった。用品その他の大幅売上増は、2017年度に完了したOGIO及びトラビスマシューブランドの買収成功によるものだった。

この売上高の顕著な増加結果として、そして同時に売上総利益の改善の結果、同社の利益体質も著しく改善されている。

同社事業の季節性により、しばしば第三四半期の損失を報告することがあるが、2017年度第三四半期は、営業利益が1,100万ドル増え、2017年度第三四半期損失(500万ドル)から、600万ドルの利益を達成している。

この第三四半期業績に対し、同社CEOで社長のチップ・ブリューワー氏は「当社第三四半期業績はキャロウェイの素晴らしい年度として続いている。年間これまでの業績を2916年度と比較すると、当社売上は1億5,000万ドル(21&)伸びており、売上総利益も税引き前利益ベースで69%と大幅に伸びている。

加えてこの2年ほどの当社の成功は、ゴルフボール工場、販売、マーケティング、研究開発への再投資や有力ブランドの買収も可能にしている」と述べている。

この第三四半期業績結果を踏まえて、同社は2017年度年間売上見込みを、当初の見込み9億8,000万ドルー9億9,500万ドルから、10億3,000万ドルー10億4,000万ドルの範囲へと上方修正している。(キャロウェイゴルフニュースリリース 10/25より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!