1. タイトリストがボール工場見学ツアー

タイトリストがボール工場見学ツアー

新商品・メーカー関連 タイトリスト
この記事は約 3 分で読めます。 2,289 Views
ワールドトピックス

今月から、タイトリストはゴルファーに対して同社マサチューセッツ州ニューベッドフォードにあるゴルフボール第三工場(Plant 3)の見学ツアーを募集する。

過去80年以上、タイトリストゴルフボールはマサチューセッツ州の南岸にある工場で設計され生産されてきた。ここがタイトリストの創業者、フィル・ヤング氏が、1935年に最初のタイトリストゴルフボールを発表し、その後の歴史を刻んできた場所と言われている。

“タイトリスト・ゴルフボール体験(Titleist Golf Ball Experience)”は、タイトリストのファン組織、チームタイトリストのメンバーに限定して公開されるもので、無料でタイトリストPro V1及びPro V1xの生産工程と品質管理の状況を見学できるという催しだ。このTitleist Golf Ball Experienceへの申込み登録は、現在、同社ウェブサイトhttp://www.titleist.com/TourBP3で受け付けている。

タイトリストゴルフボール部門のトップ、メアリー・ルー・ボン氏は「タイトリストの歴史は、勤勉で、世界最高のゴルフボールを作り、ゴルファーのベストプレーを助けることに貢献する情熱だ。この第三ボール工場では450名以上の在職20年以上の仲間達が、ボール間の比類無き一定性をもたらす当社の精密な生産工程を確保している。我々は当ブランドの最も忠誠なファンを、カーテンの内側に案内し、彼等がショットするときに抱いてくれる信頼性の裏付けを得て貰うことに興奮している」と話している。

タイトリスト工場見学ツアーの詳細については上記ウェブサイト参照。(米国タイトリストよりの着信メール 11/13、 GolfBiz.net WSG Daily Pulse 11/13)

これまで複雑で特許性も多いことから、対外的には秘密にされることが常識だったゴルフボールの生産工程を、このような形でゴルファーに披露するというのは、ナンバーワンゴルフボールメーカーとしての誇りのあらわれだろう。なお、アクシネットジャパンに問い合わせたところ、この催しは北米だけで日本のファンは対象にならないとのこと。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフ用品偽造品対策の成果

  • 米ブリヂストンゴルフCEO、イラガン氏が退任

  • R&A「女性ゴルフ強化憲章」を発表 女性ゴルファー増へ115億円を投資

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

関連記事

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

  • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

  • アクシネット社ユーライン社長が退陣

  • アクシネット社、特許侵害、虚偽広告の疑いでコストコを対抗提訴

  • アクシネット社上期売上は前年割れ

  • ゴルフ業界に上向きの兆候?