1. 新生2009年版Pro V1デビュー

新生2009年版Pro V1デビュー

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 226 Views

 
2000年秋にゴルフ市場に登場して以来、急速に業界の話題になったPro V1は、タイトリストの話では2009年バージョンの多層構造3ピースボールPro V1により更に品質と性能で一段上の物になったとのことだ。
 
アクシネット社ワールドワイド・ゴルフボールマーケティング戦略担当副社長のジョージ・ザイン氏は「Pro V1の愛用者そして世界最高のプレーヤーから自分のゴルフを高めようとしているプレーヤーに及ぶゴルファーは、Pro V1のより伸びる飛距離とショートゲーム性能と、同様にPro V1xの大きな飛距離を、両モデルのより耐久性のあるカバーにより加わったメリットと共に実感することができるだろう」と話している。
 
新生タイトリストPro V1及びPro V1xは、米国市場に2月中旬より出荷される予定で、標準価格(MSRP)は1ダース58ドル(実勢価格45.99ドル)。タイトリストによる一般販売開始に先駆けて、この新生Pro V1及びPro V1xは既に2009年シーズン以前よりよりPGAツアーメンバーが使用を開始しており、パット・ベレス選手はボブホープクラシックで2009年度版Pro V1を使用してPGAツアー初優勝を飾っている。
 
タイトリストはこれらPGAツアープレーヤ達による新製品の評価結果を下記のように公表している。
・アダム・スコット:Pro V1を使用開始しているが、特にグリーン周りでのフィーリングが最高だ。そのフィーリングはより長いクラブやドライバーまで及ぶ。そしてより使えるようなフィーリングで、このボールのそういう点が確かに好きだ。
・カミロ・ビジェガス:新しいPro V1が気に入って簡単にチェンジすることが出来た。スピンも更に少し増えたようで、全てのショットでよりコントロールが効くようになった。
ジェフ・スルーマン:最初新しいPro V1を試した時、どれだけ飛距離が伸びたかわからないほどだった。キャリーが伸び、しかも着地して又飛び立つようだった。クラブヘッドからより早く球離れするフィーリングだ。
・ジョー・オギルビー:新しいPro V1xは特に風の中で素晴らしい性能だ。より突き刺さるような弾道で、以前のモデルより弾道が安定している。飛距離も伸びたしドライバーとアイアン双方で得られるボール弾道が好きだ。(この他にも多数のPGAツアープレーヤーが賞賛のレポートをしている)。(GolfBiz.net Breaking News 1/28)
 
米国で明らかになったタイトリストの新生2009年モデルPro V1シリーズ、国内ではアクシネットジャパン社より2月中旬に発表される予定だ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

  • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

  • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

  • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案

  • タイトリストがボール工場見学ツアー