1. ナイキ新製品ドライバー、SQ Mach Speed、Victory Red情報

ナイキ新製品ドライバー、SQ Mach Speed、Victory Red情報

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 156 Views

二つのナイキ新製品ドライバー、伝統的なモデルの「Victory Red(VR)」とレナードのスクエア460ccタイプ「SQ Mach Speed」は、市場に出るまでにはまだ数ヶ月(VRは2月、Mach Speedは3月発売)あるが、既にナイキ契約プロのケーシーやレナードのお陰で、市場にその噂が広まっている。
 
>>【関連記事】ナイキゴルフのドライバー新製品

400ccと460ccのモデルがあるVRは、クラシックな洋梨型ヘッドとソールに刻まれた大きな溝(チャネル)を特長としている。ケーシーはこれをコンプレッションチャネルと呼び、これがドライバーのスウィートスポットを増やすのに効いていると話している。

Mach Speedドライバーは、全米オープンに優勝したルーカス・グローバー及び、全英オープンに優勝したスチュワート・シンクが使っていたナイキSQ Sumo2スクエアドライバーの後継次世代バージョン。グローバーは今年のツアー選手権で、VRは少しテストしてみたがMach Speedは試していなかったと話している。

レナードはスポット的に、非公式ラウンドでMach Speedを使ったが、彼はその時に275ヤード先のバンカーを軽々とキャリーでオーバーしたのだそうだ。これは平均ドライバー飛距離が284.1ヤードのPGAツアープレーヤの中で125位にランクされているレナードにとって決して悪い数字ではない。

レナードのラウンドの後、彼はナイキゴルフからそのドライバーがUSGAの適合リストに掲載されたことを伝える電話を受け、プレジデンツカップで使えることが確認できた。
Mach Speedドライバーの主たるコンセプトは、超近代的(ウルトラモダン)空力で、ナイキゴルフがトータルエアロダイナミックスデザイン(総合空力設計)と呼ぶものだ。Mach SpeedにはVRドライバーのソールに見られるコンプレッションチャネルは無い。

ナイキゴルフが特別に飛ぶとは宣伝していないが、レナードに近い人の話では、Mach Speedを使って10ヤードから12ヤード飛距離が伸びたそうで、一方のシンクはVRを使用して10ヤードほど伸びたそうだ。

Mach Speedのロフトは8.5、9.5、10.5、11.5度で、又13度のHL(ハイロフト)バージョンも揃っている。左用モデルには9.5と10.5度があり、米国での小売標準価格(MSRP)は1本359.99ドルが予定されている。VRのスペック及び価格はまだ明らかになっていない。

Mach Speedの全てのロフトはUSGA適合であり、VRに関しては10.5及び11.5度のみが適合リストに掲載されている。VRのその他のロフトは別に申請されており、近くリストに載ることだろう。
ナイキゴルフでは、既にタイガー・ウッズが両方のドライバーをテストしたことを認めているが、いつ彼が現在使用中のSQ Dymo 380プロトタイプから切り替えるかは示されていない。

Mach Speedドライバーは、ナイキゴルフ独自の調整機能、STR8-FIT技術の採用も特長としている。ウッズに近い情報筋の話では、ウッズが調整機能のないVRドライバーをテストしていたとのことだが、ナイキは新製品ドライバーがSTR8-FIT機能無しで発売されるかどうかは発表していない。(ゴルフウィークビジネス 10/13)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • ナイキジャパン 移転のお知らせ

  • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

  • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

  • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

  • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ

  • トッププレーヤー契約事情