1. 全英オープンで使われたタイトリスト910モデル

全英オープンで使われたタイトリスト910モデル

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 86 Views

 
タイトリストは最近プロツアー向けに、新製品910プロトタイプドライバーを発表したが、マキロイはこれまでそれをテストしたことがなく、全英オープンではこれまで使ってきた909D2(ロフト8.5度)を使っており、何故それを使うかとの質問には「それが気に入っている」と答えていた。
 
>>【関連記事】ツアープロ絶賛の『909』
 
一方、皮肉にも同じ質問をされたデイビス・ラブⅢからも同じ答が返ってきたが、ラブは2週間前、AT&Tで発表されたばかりの910D3ドライバー(ロフト8.5度)を使っており、平均飛距離316.5ヤードを飛ばしていた。ラブは「自分はこのクラブが好きだ。世界中のゴルファーが好きになると思う」とコメントしている。
 
今年の全英オープンではデイビス・ラブIII、オメーラ、ジェフ・オギルビー、アダム・スコット等を始めとする16人のプレーヤーにこの910ドライバーは使われていた。
 
この急速な910への移行は、多くのプレーヤーがその調整可能な構造に興味を示したことを反映している。タイトリストはこのドライバーにSureFit Tour Hoselというホゼル構造を採用したが、これにより様々なセッティングの選択肢にレンチ1本で変更できるようになった。
 
このドライバー、D2とD3のバージョンがあり、一般消費者の手には11月後半にわたる予定とのこと。
910D2は、910D3に比べてやや低めで深めの重心位置を持ち、それがよりストレートで高めのティーショットを生むように設計されており、一方のD3はスピンが少ないランの多い球筋を生むように設計されている。
 
この910、両方のバージョン共に重心をやや下げるために、909に比べてやや薄く軽めのクラウンになっている。ソールの7グラムのウェイトは交換可能になっており、重め、軽めのウェイトが用意されている。
 
このドライバーは調節可能で、フェース角は1.5度のオープンから0.5度のクローズドまで変更可能になっているけれども、標準フェース角は両バージョン共に0.5度のオープンにしてある。クラブフェースを左、または右へ調整する過程で、ロフトは2.25度程度変化する。
 
標準ロフトは7.5度、8.5度、9.5度、10.5度。この910シリーズには最終的にはセットとなるフェアウェイウッドとハイブリッドも含まれる予定。
この910シリーズドライバーの小売価格は未だ発表されていないが、マキロイが使用した909と同様のドライバーは1本299ドルで購入できる。(ゴルフウィーク 7/16日記事)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • タイトリストがボール工場見学ツアー

    • アクシネット社上期売上は前年割れ

    • 今年の全英オープンの来場者は23万人超え!記録的大成功に終わる

    • R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

    • R&Aが2017年全英オープンの賞金額を発表