1. ブリヂストン、米国市場向けゴルフボール新製品

ブリヂストン、米国市場向けゴルフボール新製品

新商品・メーカー関連
この記事は約 3 分で読めます。 76 Views

 
ブリヂストンゴルフの話によれば、同社の技術者達が、マントルの高い初速度と全体的な軟らかさをもたらす素材密度を増した高い反発性を有するRD10を開発したのだそうだ。同社は今年対活躍をしたマット・クーチャー選手も、新素材RD10を使用した「B330-Sのツアープロトタイプバージョン」を使用していると話している。

>>【関連記事】ブリヂストンのボール技術
  
加えて新しいデュアルマントル設計は、インパクト時の素早い変形をもたらすように科学的に設計されているとのことで、その結果、より早い反発とツアー級のスイングスピードでのスピン量を減らすのだそうだ。より長いクラブ(ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、ロングアイアン)のスピン量を更に減らすことにより、この2011年版B330シリーズはより風に強い性能となっているそうだ。更にブリヂストン独自の中心から他のマントルへの「グラデーショナル・ハードネス・レイヤリング(段階的硬度変化層)」採用が、これまでの他のツアー級ボールに比べて、よりスムースで最も効果的なパワー伝導を可能にしているとのことだ。
 
ブリヂストンゴルフのマーケティング担当副社長、ダン・マーフィー氏は「この新しいB330シリーズのボールは上級プレーヤーに良く飛ぶことを認められるだろう。当社は早いヘッドスピードを持つ顧客から、より飛距離が欲しいとの要求を受けている。最近行った消費者調査によれば、ゴルファー達はグリーン周りにおけるスピン性能に関して当社ボールに満足しており、彼等が望んでいるのはより大きな飛距離だ。現在のグルーブによるスピンにより、ゴルファーのスコアを改善するのは、スピンを増やすことなくより大きな飛距離と安定性をまたらすことだと考えた」と話している。
 
現行B330、B330-S同様、新製品も安定性、ツアーレベルのスピン、そしてグリーン周りの安定性を高めるソフト・ウレタン330ディンプル・シームレスカバーが特長だそうだ。しかしながら2011年度は、B330-Sのディンプルパターンは、より軟らかなカバーとコンプレッションを補うために設計変更されており、その結果、わずかに多めのドライバーでのスピンになっているとのことだ。
ブリヂストンの技術者達は、浮き上がるスピンを減らすため、浅めで間隔を変更したの330ディンプルパターンを開発しており、これによりより低い弾道で風に強い性能を実現している。加えて新しいディンプルパターンは、ティーショットに於けるより浅めの地角度を生み、それによりランが増えているそうだ。
 
2011度版TOUR B330とB330-Sの米国市場実勢価格はダース42.99ドル(希望小売価格=56ドル)で、11月1日より全米のゴルフショップで発売される。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 9/27)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 米ゴルフ情報サイト、マイゴルフスパイが日本版、韓国版に進出

    • 米国10月度ゴルフラウンド数は前年比4.1%ダウン

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

    • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案