1. ジム・マクリーン、PGAウェストの自己名アカデミー閉鎖

ジム・マクリーン、PGAウェストの自己名アカデミー閉鎖

ジム・マクリーン・ゴルフスクールにまつわる噂は、PGAウェストにあるその本部建家が、2011年の夏解体された時から続いていた。この建家は、ラキンタ市の許可を得ず1990年代初めに立てられていたことが理由で解体されたもの。
 
マクリーンは「このような条件下でゴルフスクールを運営することは出来ない」というが、彼のスクール生は、ゴルフスイングのビデオを見たり、トイレに行くために、半マイル(800メートル)近くもカートで走らなければならないほどになっていた。
 
この建家所有者の反対に遭い、新しい本部建家は建てられず、マクリーンはイライラがつのっていたと話している。マクリーンには、インストラクターやスタッフを含め、22名の従業員、契約社員を彼のスクールに抱えているが、「人道的に彼等を守らなければならないと感じており、素晴らしい彼等を残すことは出来ない」と話している。しかしながら、契約終了前にマクリーンは引退しようとしており、「とても続けることは出来ない。彼等(PGAウェスト)が我々を困難に陥れた」と話している。
 
マクリーンがポールソン& Co.に出したeメールや、電話には回答がないままで、PGAウェストのゴルフ責任者のマイク・ケリーは、彼が法的に守られているとして「ジムとの問題が解決するまでは、まだ話せる段階ではない」と話している。しかしながら双方ともまだ法的措置はとっていないことが確認されている。
 
ちなみにPGAウェストとラキンタを除くと、マクリーンは世界中で10のゴルフスクールを運営している。
 
PGAウェストでは16年間スクールを行ったが、マイアミのドラールリゾートでは、それより長い21年間もスクール運営をしており、「我々は(ドナルド)トランプがドラールを買ったときから、彼のグループと一緒に仕事をしており、何の問題もなく素晴らしいスクール運営ができている」と話している。
 
なお、マクリーンのインストラクターの数人は、PGAウェストに残り、期間は未定だが、ゴルフコーチを続けるのだそうだ。(ゴルフウィーク 4/30)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    関連記事

    • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

    • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

    • ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

    • ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • PGA・オブ・アメリカ、トップは長期安定