1. フレッド・カプルス、ECCOシューズとの契約更改

フレッド・カプルス、ECCOシューズとの契約更改

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 198 Views

カプルスは「ECCOを使う前、自分はいつも非常に伝統的なゴルフシューズを使っていたが、今は常に(ECCO社の)Golf StreetやBIOM Hybridタイプを履いている。この二つ共にかっこいいばかりでなく、非常に履き心地が良く、しかも競技で重要な接地摩擦(トラクション)と安定性を与えてくれる。加えてこのシューズは家を出るときからコースへ履いて出て、そしてそのまま帰って来られるというのも気に入っている。今後もっと長くECCOと付き合っていけることを期待している」とコメントしている。

一方ECCO社のゴルフ関係広報担当マネージャーのイエスパー・スエン(Jesper Thuen)氏は「フレッドはこの8年間、当社のシューズブランドが世界で最も憧れられるブランドの一つになるのに大きな役割を演じてくれた最高の当社親善大使だった。2010年、彼が当社のGolf Streetをマスターズで使ってくれたことが、ゴルフシューズのハイブリッド革命を起こし、これが世界のシューズ市場を変えてしまった」とカプルスの功績を讃えている。

この契約の詳細や延長年数は明らかにされていないが、カプルスが望むなら、今後も競技では同社のBIOMハイブリッドシリーズを着用、キャップ(又はバイザー)にECCOブランドロゴを入れる生涯契約の可能性もあるだろう。ちなみに、2011年、チャンピオンズツアー(シニアツアー)に参加して以来、カプルスは既に2012年シニア全英オープン及び2011年シニアプレーヤーズ選手権を含み8勝を上げている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 7/9)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

  • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

  • ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

  • ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済