1. ブリヂストン、WGCブリヂストン招待タイトルスポンサーを延長

ブリヂストン、WGCブリヂストン招待タイトルスポンサーを延長

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 138 Views

PGAツアーとブリヂストンは、この事を、2013年度ブリヂストン招待最終日ティーオフ前に記者団に発表した。

世界的タイヤ事業のトップ企業、ブリヂストンは、2006年にこの大会のスポンサーを始めており、2014年がその期限となっていた。ブリヂストン招待は、米国オハイオ州アクロンにある有名なファイアストンカントリークラブ(Firestone Country Club)の南コースで行われている。

ブリヂストン社は同時に、PGAツアーとの公式マーケティングパートナーとしての関係も2018年まで延長、PGAツアーとチャンピオンズツアー(シニア)の”オフィシャルタイヤサプライヤー”としても継続することになる。この契約はブリヂストンにとって、ゴルフコースへ足を運ぶ消費者に対して、同社製品の優れた技術や品揃えをPGAツアーイベント現場で紹介する機会も与えている。

ブリヂストン本社のトップは「世界的に人気が上昇しているゴルフ、そしてWGCの国際的な活動も、ブリヂストンの長いスポーツとの関わりや、世界一のタイヤ及びゴム製品メーカーとしてのブリヂストンと近しく提携してきている。このスポンサーシップはブリヂストンブランドの更なる強化となり、我々の更なる世界的な成長をもたらしてくれるだろう」と話している。

PGAツアーコミッショナーのフィンチェム氏は「ブリヂストンは2006年以来、PGAツアー及びWGCの一部を担ってきた。そして当ツアーはこの素晴らしい関係が更に2018年まで続くことを喜んでいる。同社との公式マーケティングパートナー契約の延長も含めて、ブリヂストンはPGAツアーファミリーの最大のスポンサーの一つになった。同社(ブリヂストン)は、PGAの名称を、米国だけではなく、日本を含む全アジアで、効果的かつ革新的なやり方で利用することが出来る。勿論、このブリヂストン招待は、ブリヂストンの協力のおかげで、世界最高のプロゴルフの看板として継続していく。またこのことは北東オハイオ州経済にとっても多大な影響と慈善活動をもたらすだろう」と話している。

現地法人、ブリヂストンアメリカのトップは「当社のブリヂストン招待へのスポンサーシップは、ブリヂストンブランドをプロモートするための素晴らしい方法であると共に、我々のPGAツアー、世界のゴルフファン、そしてアクロン地域の隣人達に対する愛着を強化するものだ。誇りある企業市民として、ブリヂストン招待がこの地に与える影響にわくわくしている」と話している。(PGATour.com 8/4)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ブリヂストンゴルフ、米市場にTour Bシリーズ新発売

    • ブリヂストンゴルフ、タイガー・ウッズとボール契約

    • ベンロス社、ブリヂストンゴルフの英国代理店権を取得

    • BRIDGESTONE GOLF TOUR B DRIVER&IRON

    • BSGからアスリート向け『TOUR B』始動

    • BRIDGESTONE GOLF ゼロ・スパイク バイター ツアー ゼロ・スパイク バイター ツアー CL