1. PGAツアープロの平均飛距離はこの10年あまり変わらず

PGAツアープロの平均飛距離はこの10年あまり変わらず

ワールドトピックス

みんなはボールやクラブの進化、精密なカスタムフィッティング、そしてツアープレーヤーのアスリート化によって、最近ドライバーの飛距離が著しく伸びていると思っているだろう。

実際にローリー・マキロイ、バッバ・ワトソン、ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイの飛距離は疑いなく過去より凄いが、一方、PGAツアーのドライビングディスタンス(ティーショット平均飛距離。以下、ドライビングディスタンス)統計を見てみると、この10年余りの間にドライビングディスタンスはそれほど変わっていないことに気づく。

過去15年のPGAツアー、ドライビングディスタンス統計

ドライビングディスタンス 最長ヒッター 300ヤード超えの人数
2015 289.7ヤード ダスティン・ジョンソン(317.7) 26人
2014 288.8ヤード バッバ・ワトソン(314.3) 25人
2013 287.2ヤード ルーク・リスト(306.8) 13人
2012 289.1ヤード バッバ・ワトソン(315.5) 21人
2011 290.9ヤード J・Bホルムズ(318.4) 21人
2010 287.3ヤード ロバート・ギャリガス(315.5) 12人
2009 287.3ヤード ロバート・ギャリガス(312.0) 13人
2008 287.3ヤード バッバ・ワトソン(315.1) 13人
2007 288.6ヤード バッバ・ワトソン(315.2) 18人
2006 288.9ヤード バッバ・ワトソン(319.6) 20人
2005 288.4ヤード スコット・ヘンド(318.9) 26人
2004 286.5ヤード ハンク・クイーニー(314.4) 15人
2003 285.9ヤード ハンク・クイーニー(321.4) 8人
2002 279.5ヤード ジョン・デイリー(306.8) 1人
2001 278.8ヤード ジョン・デイリー(306.7) 1人
2000 272.8ヤード ジョン・デイリー(301.4) 1人

2000年から2001年に5ヤード以上ドライビングディスタンスが伸びているが、これは多くのプレーヤーが糸巻きボールからソリッドボールに使用ボールをスイッチしたからで、2002年から2003年に6.5ヤード伸びているのは、同様に多くのプレーヤーが大きめのヘッドのドライバーを使い始めたからだ。

この表で見るように、2005年以降のPGAツアープレーヤーのドライビングディスタンスの変化幅は287.2ヤードから290.9ヤードと3.7ヤードの範囲に納まっている。それは約11フィートで、いわばバスケットボールのフリースローの距離より4フィートも短い距離だ。

ここで何が起きているのだろう?PGAツアープレーヤーのドライビングディスタンスはこの10年ほとんど変わっていないのに、長距離ヒッターの数は伸びてきている。

ジョン・デイリーは1999年から2002年までの間では唯一人の300ヤード以上飛ばすロングヒッターだった。そして2003年にはハンク・クイーニーを含む8人のプレーヤーが300ヤード超え、2005年にはその数が26人にまで増えている。

加えてPGAツアーで飛ばないショートヒッターに分類されるプレーヤーは年々減っている。2000年には160人の280ヤード以下しか飛ばないプレーヤーが居たが、2002年にはその数が100人に減り、更に2003年には47人にまで減っている。そして2005年までには、280ヤード以下しか飛ばないプレーヤーは30人に減り、現在は25人にまで落ちている。

ドライビングディスタンスは変わらず、ロングヒッターが増えてショーヒッターが減ったという現象は何を表しているのだろう。プレーヤー達の飛ばす能力は向上したが、きっと飛距離だけでは無いものが求められるようになってきたのだろう。

ちなみに2016シーズンに入ってからのドライビングディスタンスも287.7ヤードと、むしろ2015年シーズンより2ヤード少なく記録されている。これからもこの傾向は続くのだろう。(ゴルフウィーク 12/21記事)

毎年毎年、飛ぶ飛ぶと宣伝されるドライバーが発売されるが、PGAツアープレーヤーのドライビングディスタンスでそれが簡単に証明されることはないようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

  • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証

  • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー A9ドライバーを永井プロが試打検証

  • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーEZONE GTを徹底検証

  • エスティバンゴルフのクラウン凹凸ヘッド『ES460D』とは?