1. マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 352 Views
ワールドトピックス

昨年8月にナイキがゴルフ用具事業撤退を発表して以来、同社のスタープレーヤーの一人、ローリー・マキロイは、その後に使用する用具をずっと検討してきていたが、情報によると2017年初戦として出場する1月12日からのBMW南アフリカオープンに、キャロウェイのウッド及びアイアンを使用するとのことだ。

情報では、同時にオデッセイのパター、タイトリストのウエッジ及びゴルフボールを使用する予定だそうだ。(ちなみにマキロイは昨年10月のWGC-HSBC選手権の時は、テーラーメイド、M2ドライバーを使用していた)

この情報によると、マキロイは、キャロウェイのGBB Epic Sub ZeroドライバーとカスタムのApex MBアイアンを使用予定だそうだ。

キャロウェイ広報がGOLF.comに語ったところによると、同社としては”本件についてコメント出来ない”とのこと。

情報筋の話によると、マキロイは「自分は新しいPro V1xボールでプレーしたかったし、キャロウェイのドライバーが(そのボールに)一番相性が良いと知っていた」と語り「同時にナイキのアイアンは、グルーブ(溝)形式の問題でタイトリストボールには合わない。スピンがかかりすぎ距離が出ない」と説明したそうだ。

マキロイは、ナイキがゴルフ用具業界から撤退すると発表して以来、まだどこのメーカーとも用具契約を交わしたことを確認していない。

ちなみに二週間前、同じナイキ契約のタイガー・ウッズが、ブリヂストンゴルフとの複数年ボール契約を結び、最初にナイキ以外のメーカーと用具契約した有名プレーヤーとなっている。(GOLF.com 12/31記事より)

これでマキロイの使用用具もほぼ固まってきたようだが、キャロウェイ広報の話から推測すると、まだ正式契約に至ったわけではないようだ。恐らく他の元ナイキ用具契約プレーヤー達も次の使用用具を固めていることだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!