1. PGA・オブ・アメリカ、トップは長期安定

PGA・オブ・アメリカ、トップは長期安定

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 862 Views
ワールドトピックス

米国のゴルフプロフェッショナル団体、PGA・オブ・アメリカは、同協会のCEO、ピート・ベバッカ氏(Pete Bevacqua)氏との契約を2024年12月まで延長した。

同氏はPGA・オブ・アメリカのCEOを、2012年11月の着任以来務めており、彼の現在の契約は2021年末を持って終結することになっていた。

PGAの役員会は、テキサス州オースチンで行われた第101回PGA年次総会(Annual Meeting)においてこれを承認したもの。

PGA会長のポール・レヴィー氏(Paul Levy)は「素晴らしいリーダーシップとプロ精神で、ピート・ベバッカ氏はPGAの使命を高め、将来に向かって我々のビジョンを示した。

ピートはゴルフ業界、産業界を通し高く尊敬されている。PGA・オブ・アメリカとしては、彼の会員に対する貢献と、ゴルフ振興への努力に対し、彼をCEOとしていることに誇りを持っている」とコメントしている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 11/6)

PGA・オブ・アメリカの様々な改革を陣頭指揮しているピート・バベッカ氏、まだ4年も残っている任期を更に3年間も延長されるとは、その絶大な信頼関係が伺われる。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ディスタンス問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

  • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

  • ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

  • ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済