1. ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済

ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 1,112 Views
ワールドトピックス

米国ヒューストン地区を襲ったハリケーン、ハーベイの被災者救済のために催されたチャリティーイベントに、25名以上のプロゴルファーも参加し、合計で100万ドル以上の募金を行ったが、その中でタイガー・ウッズによる個人レッスンに多額の寄付が集まった。

このプロアマ募金活動イベントは、今夏のバラクーダ選手権勝者のクリス・ストラウドとヒューストン在住のプロ、ボビー・ゲイトによって主催されたもので、ヒューストンから1時間ほどの郊外、ウッズ設計のゴルフコースで米国で最初にオープンしたテキサス州モンゴメリーのブルージャックナショナルで開催された。

このイベントでオークションにかけられた同コースにおけるタイガー・ウッズの、二人に対する個人レッスンチケットは実に21万ドル(約2,350万円)の高値で落札されている。

このイベントへの他の参加者には、地元在住のプロ、ステイシー・ルイス、パトリック・リード、スティーブ・エルキントン、それにプロバスケットボールNBAオールスターのクライド・ドレクスラー、フットボールNFLヒューストン・テキサンズのクォーターバック、T..J.イエイツ、メジャーリーグ、ヒューストン・アストロズのオーナー、ジム・クレインなどのような地元有名人達も含まれていた。

主催したクリス・ストラウドは、この8月にヒューストンを襲った未曾有の災害から復興を目指す意図を述べ、地元紙、ヒューストンクロニクル紙に、彼がイベントの目的である100万ドルに達成した後も、募金活動を続けていく計画を話している。

ストラウドは「これはこれまで自分が参加したイベントで最高だがまだ始まったところだ。この街の復興には長期間を要するが、これが引き続き継続することを希望しており、多くの犠牲者を救済するために出来るだけ多くの募金活動を続けたい」と話している。(ゴルフチャンネルサイト 12/13記事より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

  • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

  • ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか