1. ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 1,512 Views
ワールドトピックス

ジャック・ニクラウスは、近代ゴルフおけるボールの飛びすぎ問題に、長年、ゴルフコースを拡張する必要はなく、ゴルフボールの性能が制限されるべきだとの立場をとってきている。

しかし、最近、その考え方を一歩進め、USGAによってコースの長さをレーティングし、パーセントで示すべきだと提案している。一方、プレーヤー側は、これもいくつかにレーティング(格付け)されたボールを選び、能力に応じたコースの難易度に調整するというもの。

ニクラウスの言うには「全長5,800ヤードの古いコースは、誰にとっても難しくない。そこで70%にレーティングされたゴルフコースを70%のボールでプレーすれば、それなりに難しくなるし、もし80%-100%のボールでプレーすれば、より短く、短時間にプレー出来る」というわけだ。

今年3月、USGAのマイク・デイビスCEOも、コース拡張に対するプレッシャーを緩和する方策として、様々な飛距離のゴルフボールを主張、ハンディキャップシステムと同調させる提案もしている。

デイビス氏は「それについて考えると、我々は既に飛距離について二重スタンダードを採用している。何故なら我々は異なるティーグラウンドからプレーしている。これで何が起きるかというと、例えばダスティン・ジョンソンとプレーしたいときに、彼に80%のボールを使って貰い、自分は100%のボールを使い、同じティーからプレーすることになる。この方法は急進的に聞こえるかも知れないが、そうでもないかも知れない」との考えを披露している。(Golf.com 12/15記事より)

最近、タイガー・ウッズの発言を発端に、急にゴルフボールの飛距離制限問題の是非が論議されるようになってきたが、USGAやR&Aもそのことに関する影響を調査し始めているとのことなので、近い将来、このニクラウスやマイク・デイビス氏の提案が、具体的に検討されることになるのかも知れない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

  • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

  • ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか