1. マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 3,229 Views
ワールドトピックス

2018年度のマスターズを制し、198万ドル(約2億1,000万円)の賞金を獲得したパトリック・リードは、特定のメーカーとの用具契約はしていなかった。

彼がマスターズ優勝時に使用していたクラブセッティングは下記の通り(米国ゴルフ誌発表WITBより)

ドライバー:ピン G400 LST (10度)
3番ウッド:ナイキ VR Pro Ltd. Edition(15度)
ドライビングアイアン:タイトリスト 716 T-MB (3アイアン)
アイアンセット:キャロウェイ X Forged 2013(4アイアン)、キャロウェイ MB-1(5-PW)
ウェッジ:Artisan(51度、56度)、タイトリスト Voley SM5(61度)
パター:オデッセイ White Hot Pro 3
ゴルフボール:タイトリスト Pro V1

一般的に、トップツアープロの多くは、特定の用具メーカーとクラブやボールの使用契約を結び、特定ブランドを使用し宣伝することにより多額の契約金収入を得ている。

ところが今年のマスターズチャンピオン、パトリック・リードは、2017年にキャロウェイとの契約期限が切れて以来、今年はそのような特定の用具スポンサー企業と契約をしていなかったのだ。

マスターズ優勝後のメディア訪問でCNBCに立ち寄ったリードは、インタビューで、何故彼が一般的ではない用具スポンサーなしを選んだのかを尋ねられ、今や優勝により巨額な賞金を手にした彼は、自分がとったその戦略に自信を持って次のように答えた。

「自分は今年なにか違うことを試してみたかった。業界には多くの素晴らしいメーカーがあるが、もし契約をすればそれにしばられ、全て同じ(ブランドの)用具を使わなければならなくなる。1社のメーカーが完全にマッチする14本のクラブや、完全にマッチするボールを作ってくれるとは信じがたい」と話し、

「だから今年はナイキとウェア契約を結びながら、用具(クラブ、ボール)の方は自分が望むものを使った。

そして自分に完全にフィットする14本のクラブとボールを選ぶことが出来た」と話している。マスターズ優勝で自分のミックスドセットの効果を証明したリードに対し反論は出来ないだろうあ。(Golf.com 4/10 他より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 春先の天候不良で米ゴルフ用品市場は低調

  • ブリヂストン、米シニアツアー「シニアプレーヤーズ選手権」のスポンサーに

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • ディズニーのスポーツファンサービス

関連記事

  • マスターズ、代表取締役社長に渡辺 和真氏が就任

  • メジャー優勝用具とブランド売上

  • 『ASTROツアーFチタニウム』と『ASTROツアーU』が登場

  • マスターズ ASTRO TOUR VⅢ, ASTRO PREMIUM

  • マスターズ ASTRO PREMIUM

  • クラウン上端部をカット『アストロプレミアム』