1. PGAツアー、キャディのマイクによるプレーヤーとの会話放送を検討

PGAツアー、キャディのマイクによるプレーヤーとの会話放送を検討

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 189 Views

 
PGAツアーはTV局、NBCスポーツと共に、シェル・ヒューストンオープンにおいて、数名のキャディを使って彼らにマイクを付けることによりファンが興味のある情報を得られるかどうか調査する。このヒューストンオープンは今回、このテストを行う唯一のトーナメントとなる予定だ。問題点は、キャディが何を喋るか(時間差で放送される)では無く音声の品質にある。
 
NBCスポーツ及びCBSスポーツは、当初から局側のスタッフがフェアウェイで支えているブームマイクを使用してきているが、それはしばしば、一人のプレーヤーだけの音声を拾える程度だったそうで、ツアー側としては「他の件も同様に、我々はいつもテレビ中継の品質改善に努力している」と話している。
 
しかしそこには論理的な問題点もあるようで、キャディにマイクを付けるのでは、プレイヤーとキャディがそばにいるときに限り双方の会話が拾えるということになる。しかしながらそのようなマイクによる利点の一つは、TVスタッフがブームマイクを持ってグリーンに上がることは出来ないので、パットがどちらに切れるかなどの会話をひろうには効果を発揮することになる。
 
この問題はツアーキャディとの年次会議にて提議され、数人のキャディからはショットの時ではなく、ラウンド中(約4時間)も話す内容の制限を受けるとの懸念も示されている。マイクを付けているとラウンド中の会話全てがひろわれてしまうというこの問題に同意するキャディも多い。そしてその内容が不適切である場合(例えばギャラリーについての会話とか、他のプレーヤーに対する会話)、それが漏れないことをギャランティ出来ないかも知れない。このアイデアの実行可否はこれからのテストにより確認されることになるのだろう。(AP – ESPN.com、USA Today 3/24)
 
キャディにマイクを付けさせプレーヤーとの会話を拾う・・・かつて石川遼のスクープ取材にあるテレビ局が使おうとしてヒンシュクをかっていた手法だが、この話はPGAツアー自体が真剣に検討している事のようだ。
先日はギャラリーに携帯テレビをサービスするアイデアが披露されていたが、PGAツアーはいかにトーナメント現場のギャラリーや、テレビ視聴者へのサービス向上を行い、ファンを増やすかに腐心しているようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 日本プロゴルフ協会、役員選任のお知らせ

  • PGA・オブ・アメリカとトップゴルフがゴルフ振興で提携

  • 地上波のゴルフ中継は、死んだ

  • 三者連携で学生10万人ゴルファー囲い込み

  • PGAが大学の授業で若者ゴルファー創造に本腰

  • セントラル工商が「PGA」公認ライセンスボールを発売