1. マスターズにも経済不況の影響

マスターズにも経済不況の影響

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 76 Views

 
今年のマスターズ、企業の接待費は、業種によって、そして使用される接待費の種類によっては、25%から50%も落ち込むことが予想されているとのこと。
 
ダブルイーグルクラブ(前出)は、マスターズが行われていたオーガスタナショナルの、ワシントンロードを挟んだ向こう側に位置しており、同店ではトーナメントで接待されている顧客への食事や、各日のラウンド前にその地域でゴルフをしたい客へのスタート予約を提供している。これら近隣のゴルフコースでのスタート予約費用はフォーサム(4人一組)当たり1,500ドルから2,000ドルで、昨年は50人の予約を受けたが、今年は約20人との事だ。
 
マスターズ期間中にゴルフファンのために宿泊施設を提供したり、同様にスタート予約を請け負っているイベントプランナーの一人は、今年はビジネスが50%ダウンすると見積もっており、「カーペットの貸し出し事業はこれまで最低だが、これはオーガスタだけではなく他でも同じだと思う。活気のない小さな街になっているが、軍隊もあることだし他の事業もあるだろう」と話している。
 
マスターズ期間中のチケットバッジは売り切れたが、この地区ビジネスでの唯一の良い話しだ。
この週のオーガスタは、住民が観客の移動にバンを走らせたり、企業のパーティに食事を運んだり、マスターズ関係者のために家を貸して自分達は旅行に出掛ける、いわば地域の休日だ。
 
この週は地域経済に約1億ドルを落とすと言われており、その大部分は、家を借りたり、自家用ジェットから顧客を運んだりしてトーナメントをビジネスに利用する大企業からの収入だ。
 
企業に住宅を貸し出している会社、コーポレートクォーター社は、昨年400軒の家を貸しだしたが、今年は300軒になった。賃借料は様々だが、大きめの家で一週間の賃借料は50,000ドル程度だそうだ。
 
この会社のオーナーは「マスターズはほとんどの企業がキャンセルする最後の物で、こんな経済不況は見たことがない。最後の最後まで、これまで10年、15年、家を借り続けてくれた顧客に電話で勧誘したが、結局来て貰えなかった」と話している。(USA Today記事 4/7より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • メジャー優勝用具とブランド売上

    • 『ASTROツアーFチタニウム』と『ASTROツアーU』が登場

    • マスターズ ASTRO TOUR VⅢ, ASTRO PREMIUM

    • マスターズ ASTRO PREMIUM

    • クラウン上端部をカット『アストロプレミアム』

    • 数字で知る2015年度マスターズ